食・レシピ 食べていいものダメなもの 幼児食

お子さまランチはいつから食べられるの?

39

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。赤ちゃんが1歳過ぎて、母乳やミルクよりも、離乳食を食べる量が増えてきたら悩むことのひとつが、外出時に困るのが赤ちゃんの食事。

 

お弁当を持って行くにしても、長時間保存はできないし、とくにこれからの季節、食中毒が心配でもあります。じゃあ、ママたちと一緒に外食できたら、と思いますよね。ということで、今日は「赤ちゃんがお子さまランチを食べられるようになるのはいつから?」というお話しをしたいと思います。

 

続きを読む

幼児期後半になってからが安心

結論から言うと、お子さまランチは幼児期になってからをおすすめしています。その理由。お子さまランチは、味付けが濃い 、揚げ物が多い 、野菜が少ない、量が多いものがほどんどだからです。

 

もちろん、頻繁に食べるものではありませんので、「たまにはいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、まだまだ1歳です。内臓の未熟さを考えると、揚げ物たっぷりのお子さまランチはおすすめできません。

 

お子さまランチの中身を確認する

お子さまランチにうどんを提供しているお店もあります。赤ちゃんにとって負担のないメニューを選んであげましょう。とはいえ、お子さまランチのうどんは味付けが濃いです。味を薄めてあげましょう。

 

お弁当やベビーフードを持って行く

もし可能であれば、お弁当やベビーフードを持って行きましょう。お弁当を持って行くときはできたてのものを、しっかりと保冷して持ち運びましょう。これからの季節は食中毒が心配ですので、ベビーフードが安心かもしれませんね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

食・レシピの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。