ママネタ 育児 体験談

「ベビー時代にしておけばよかった!」後悔しがちな3つのこと【体験談】

16
この記事では、先輩ママたちが「ベビー時代にこれをしておけばよかった!」と後悔しがちな3つのことを紹介しています。多く聞かれるのは、動画を残すこと、意識して家族写真を残しておくこと、育児日記をつけることなのだそうです。

ベビー時代にしておけばよかったこと

 

子どもの成長は早いとよく言うけれど、特にベビー時代というのはあっという間に過ぎていくもの。気付いたら、歩くようになり言葉をしゃべり、赤ちゃんではなくなってしまいます。先輩ママたちが「ベビー時代にこれをしておけばよかった!」と後悔しがちな3つのことをご紹介します。

 

続きを読む

1)動画を撮っておく

動画撮影中のイメージ

 

ベビー時代は毎日、赤ちゃんのお世話で手いっぱい。泣いている赤ちゃんをあやし、おむつを替え、母乳や育児用ミルク、離乳食をあげて、ホッとひと息つけるのは赤ちゃんが眠っている間くらい。

 

写真であればほんの一瞬の表情をおさめることができますが、ゆっくりビデオを向けている時間はなかなか取れません。だけど、ベビー時代こそ「動画」を残してほしい。「写真はたくさんあるのに動いている赤ちゃんの姿がほとんどない」と後悔している先輩ママが意外と多いです。

 

2)家族写真を残す

家族写真のイメージ

 

赤ちゃん自身の写真はたくさんあっても、パパやママと写っている写真は意外と少なくありませんか? 特に、ママがカメラマン役をすることが多いとママと赤ちゃんが一緒の写真はほとんどなかったりするので、パパにお願いして赤ちゃんとのツーショットを撮ってもらいたいですね。

 

「赤ちゃんが生まれてから、毎月同じ場所で家族揃って写真を撮っている」という人もいます。そこまでするのは大変ですが、ベビー時代こそ意識して家族写真を残しておくと、いつかいい思い出になること間違いなしです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

ママネタの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。