「超迷惑をかけてしまった事件 その1」脱力系ゆる育児日記第337話

2020/01/22 10:30
16
イラストレーターやましたともこさんの脱力系ゆる育児日記 第337話。保育園の「入園のしおり」を読んでいなかったやましたさん。先生に迷惑をかけてしまった事例を紹介します。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ
やましたともこ

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

 

前回、カリスマダメママのわたくしめが、入園のしおりを読んでなくて、何度か園にご迷惑をかけしてしまったお話をさせて頂きました。今日は、その中でも1番アウトなお話を紹介させて頂きます。入園のしおりを読むのがめんどくさいお母さんは耳の穴をかっぽじって、瞳孔を開いてしっかりお読みください。

 

育児日記(4コママンガ)

 

「入園のしおりを読んでなくて超迷惑をかけてしまった事件」その1〜HATAUNETSU(発熱)〜

 

集団で生活している園生活では、病気は超タブー中のタブー中のタブー。まだ免疫力の低い子ども達、病気の子が1人混ざると、それが2人になり、3人になり、5人10人……と雪だるま方式に増えていく可能性があるからです。

 

その日の長女N子の熱は37.5度。N子は平熱が37.2〜3度だったので、ちょっと高めやな〜くらいの軽い気持ちで登園してしまいましたが、保育室がザワつき先生たちの顔に一気に緊張感が迸り、当然、即帰宅となりました。

 

園の先生のみならず、園児のみんなやその保護者の皆さま、絶対死守すべき「37.5度以上は登園禁止ルール」をしょっぱなからやぶり登園してしまったこと、今更ですが心の底からお詫びさせてください。

 

大変、大変、大変、申し訳ございませんでした。

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週1回お届けしています!

 

著者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。HP:やましたともこのホームペー痔



  • ものすごく迷惑な話です。
    ずぼらと言うより自分のことしか考えていない保護者の典型ですね。入園のしおりをきちんと読まないことでどれだけ園や他の園児に迷惑をかけているか。保育士さんたちいつも様々な業務を抱えています。その中で多くの園児たちの安全を守りながら日々働いています。そんな激務の中、1人の身勝手な保護者の無思慮なせいで保育業務が滞ってしまうことを忘れないでください。こんな笑い話のマンしてさらに不愉快です。

    2020/01/22 22:50

この記事にいいね!しよう

いいね!
16

現在ログインしていません。

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。