えっ!また縫うの!?産後の入院中に動き回っていたら、まさかの事態に…

2020/12/02 14:25
4
産後、傷口があまり痛まなかったこともあり、安静にせず動き回ってしまった結果、大変な思いをすることになったママの体験談を紹介しています。退院前日にまさかの事態が起こり、後悔したそうです。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
産後
会陰切開

縫合

 

産後、陣痛や出産の痛みから解放されたうれしさ、赤ちゃんが生まれたことのうれしさから、ちょっと産後ハイになっていた私。会陰切開の傷もさほど痛くなかったこともあり、入院中に産院内を動き回っていました。そして迎えた退院前日。まさかのできごとが……。

 

続きを読む

心配されるほど動き回った入院生活

私は三男を出産時に会陰切開をしたのですが、産後にあまり傷が痛みませんでした。縫合の糸がつる痛みもなく、歩くのも何のその。2階の病室から1階の診察室へ行く際やナースステーション、新生児室に行く際も常に小走りで移動をしていました。

 

夫から「そんなに動いて大丈夫なの?」と心配されても、助産師さんから「無理しないでね」と助言されても、聞く耳を持ちませんでした。

 

退院前日にまさかのできごとが!

動き回っていた入院生活も終盤を迎え、ついに退院の前日に。その日は会陰切開部の抜糸と診察、退院指導の日でした。意気揚々と診察室に向かい、抜糸を終え、内診を始めたときでした……。

 

先生が子宮内を触診している最中、会陰部に激痛が走ったのです。たまらず「痛ーい!」と声を上げてしまいました。すると先生から衝撃のひと言が。「あれ、傷が開いちゃったね」と……。

 

後悔先に立たず…

まさかのできごとに驚いていると、先生から「もう1回縫うから、そのままで待っててね」との言葉が。「え? ここで? 麻酔は?」と頭の中はパニックでした。そしてそのまま診察台の上で、麻酔なしで会陰の縫合をしたのです。あまりの痛みに、内診台の上で絶叫していました。

 

その後、病室での退院指導の際に、「会陰切開の傷が開いちゃうことってあるんですか?」と聞くと、「動き過ぎたりすると、傷がふさがりにくいことがあるよ」と。動き回っていたことを後悔しました。

 

 

再度縫合したあとは、会陰の傷がすごく痛みました。そして1週間健診の際に、もう1度抜糸をするハメになってしまいました。お産を終えたこと、会陰切開の傷が痛まなかったことをいいことに、産後に動き回ってしまったことを心から後悔しました。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師REIKO

著者

ライター 木村なち


三児の母。現在4人目を妊娠中。パニック障害を抱えながらの妊娠・出産・育児の経験に基づき、体験談を中心に執筆している。



この記事にいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。