医療 体験談 出産 陣痛

黙って激痛に耐え、ついに出産!「いきんで」ってどうやって?【出産体験談】

1
33

 

私は2016年の元旦に初めての出産をしました。陣痛室と分娩室で苦しんでいたのは8時間と長くはありませんが、人生のなかで一番濃い思い出です。今回は、陣痛から出産までの体験談をお伝えします。

 

続きを読む

前駆陣痛? それとも陣痛?

おしるしがきたのは、出産予定日の5日前に大好きなラーメンを食べた帰りでした。次の日、おなかの張りが10分間隔になったので、電話をしてから病院に向かいました。しかし、子宮口は2cmということでいったん帰宅することに。

 

帰りにはおなかの張りもおさまりましたが、翌日の大晦日、お昼ごろにまたおなかが張るように。年を越したころには5分間隔になったため、再度病院へ。5分毎におなかを押さえてしゃがみ込んでしまい、病院に着いてから陣痛室に入るまでもひと苦労でした。

 

陣痛室ではどうしていた?

私が入院したとき、陣痛室は静まり返っていました。一方、私の次に来た妊婦さんは、陣痛の痛みがくると悲鳴をあげていました。黙ってその声を聞きながら痛みに絶えていた私は、この先の陣痛がとても怖くなり、「もう帝王切開にしてもらいたい……」と助産師さんに漏らすほど弱気になっていました。

 

でも、助産師さんの「今日中に生まれますよ」のひと言で、私は陣痛に耐える覚悟ができました。ひたすら黙って目を瞑り、現実逃避をしながら、いきむのを我慢している間に夜が明けました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 私も1人目の時は、陣痛があんなにのたうち回るものだとは思いませんでした。 いつまで続くのかわからない痛みに耐えるたび、時計を眺めながら(後1時間なら耐えれる〜頑張る〜)と、短いスパンだと信じ込む現実逃… もっと見る
    私も1人目の時は、陣痛があんなにのたうち回るものだとは思いませんでした。
    いつまで続くのかわからない痛みに耐えるたび、時計を眺めながら(後1時間なら耐えれる〜頑張る〜)と、短いスパンだと信じ込む現実逃避をしていました。←実際は17時間でした。。
    「いきまないで!」と言われるたびに(そんなこと言われても、どうすれば!?)って、いきみ逃しの椅子をバタンバタンと動かし、母には後ろからテニスボールを押して貰っていました。
    途中で旦那が間に合い「変わります!」と、母の代わりに腰を指圧仕出して……それが痛いわ全然必要無くてイライラしてしまい、「痛い!そこじゃない!やめて!」と怒鳴ってしまいました。
    母は骨が開く場所を押さえてくれていたので痛さが和らいだのですが、旦那のはただの指圧……。
    看護婦さんに抱えられ背中を擦られただけでも凄く楽になり、サポートする人って凄く大事なんだと実感しました。
    生む前は旦那に側にいて欲しいと思っていましたが、痛すぎて、役に立つ人が側にいる方が助かるんだと現実を知りました。

    現在、二人目をもうすぐ出産します。
    コロナで誰も立ち合いは出来ないのですが、1人目の経験を踏まえて、家族が側に居なくても、ベテランの看護婦さんや助産士さん達がいる事でお産は安心出来るな〜と感じています。
    むしろ、家族に気を使う余裕も無いので、自分の仕事に集中出来て良いかもです。

    10年ぶりの出産なので、正直産んでからの大変な生活で忘れてしまっていることばかり。
    私も「いきんで」と言われても(どうだっけ?)とわからなくなりそうです。
    母親の本能で(あ〜こんなのだったな〜)と思い出しながら、乗り切ろうと思います♪
    +12 -4

 
 

医療の人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。