医療 体験談 妊娠 出産 産後 帝王切開 病院

37歳で3人目出産!2人目と全然違う!?産前・産後に襲われた貧血体験

1
3

37歳で3人目出産

 

私は25歳で長男、29歳で次男を出産しました。女の子が欲しくて33歳から3人目の妊活を始めました。しかし私が妊活を始める前から、少しずつ月経が月に3回あったり、月経周期が34日を過ぎてしまったりと不順になりました。そして健康診断で鉄欠乏性貧血を指摘されることが増え、体の変化を感じるように……。貧血の不安が残るなか、37歳になる年に妊娠・出産した私が感じた、2人目と3人目の産後の体力や体の変化の違いをご紹介します。

 

続きを読む

妊娠中の貧血対策

妊娠がわかったときの健康診断で、鉄分の不足が判明。つわりで食べられないかもしれないことを予測して、勤め先の内科医から鉄剤の注射をすすめられ、2回ほど注射をしてもらいました。

 

自覚症状はないものの、胎児と自分自身のことを考えて鉄分の多い食材や妊婦用の鉄分・葉酸のタブレットの摂取を継続。その甲斐あって、妊娠後期の貧血検査で産科医から様子をみられる範囲内と診断をもらい、鉄剤の治療はせずに出産の日を迎えることになりました。

 

予定帝王切開で出産したけれど⋯

私は次男が逆子だったので、29歳のときに帝王切開を経験していました。そのため3人目も帝王切開で出産。次男のときには術後、麻酔から覚醒して元気に話せていました。しかし3人目のとき、麻酔から目覚めた私は夫や実母・家族の面会になんとか会話ができるくらいで、眠気が襲い、目を開けているのがやっとという状況。

 

あとから面会に来た義母家族には会って話す体力がなく、助産師さんに状況を伝えてもらい生まれた娘に会って帰宅してもらうことに。そして私は友人に出産メールもできずに眠りにつきました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 37歳で二人目出産しました。気分悪いかなー?と思っていたある日の授乳後、貧血で倒れました。 鉄剤のある台所までの移動もままならず。授乳直後だったので、コレは貧血だ!とすぐに分かりました。母乳ってホント… もっと見る
    37歳で二人目出産しました。気分悪いかなー?と思っていたある日の授乳後、貧血で倒れました。
    鉄剤のある台所までの移動もままならず。授乳直後だったので、コレは貧血だ!とすぐに分かりました。母乳ってホントに栄養を吸い取られてる感じですよね。
    最近イライラしてる。と言われるので、カルシウムをもっと摂ろうと思います。

 
 

医療の人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。