【厚労省】コロナ禍で急増!?夫婦問題、子育て、仕事…不安を抱えこむ前に

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、厚生労働省は「生活を支えるための支援のご案内」として、現在おこなわれている助成金や事業などについてまとめ、随時更新しています。この記事ではそのなかにある、相談窓口についていくつか紹介しています。

この記事の監修者

助産師REIKO

医療短期大学専攻科(助産学専攻)卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務。 大学附属病院で助産師をしながら、私立大学大学院医療看護学研究科修士課程修了。その後、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

電話相談のイメージ

 

新型コロナウイルスに関する報道がされ始めたころ、多くの人が現在の状況を予想していなかったのではないでしょうか。全国の小中学校と高校、特別支援学校への臨時休校の要請から始まり、主要7都府県への緊急事態宣言、そして全国に緊急事態宣言が拡大され、またその期間が延長されようとしています。新型コロナウイルスの影響で、大きく生活が変わり、夫婦間の問題や子育てのこと、仕事に関してなどさまざまな悩みごとを抱えている方もいらっしゃるかと思います。厚生労働省は、「生活を支えるための支援のご案内」として、現在おこなわれている助成金や事業などについてまとめ、随時更新しています。今回はそのなかにある、相談窓口についていくつかご紹介します。
 

続きを読む

心の健康について相談したいとき 

精神保健福祉センター等

精神保健福祉センターでは、保健師や精神保健福祉士などの専門職が、面接や電話などにより悩みの相談を受け付けています。精神保健福祉センターは、各都道府県(指定都市)に設置されています。
 

働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」

「こころの耳」は、こころの不調や不安に悩む働く方や、手助けをするご家族の方、職場のメンタルヘルス対策に取り組む事業者の方などの支援や、役立つ情報の提供を目的に作られた、働く人のメンタルヘルス・ポータルサイトです。職場のメンタルヘルスに関する情報提供や、産業カウンセラーなどが メールや電話で健康相談を受け付けています。

 

DVや子育ての悩みについて相談したいとき 

DV相談ナビ

配偶者や恋人からの暴力(DV)に悩んでいることをどこに相談すればよいかわからないという方のために、全国共通の電話番号:0570-0-55210に電話をすると、発信地などの情報から最寄りの相談機関の窓口に電話が自動転送され、最寄りの相談窓口に相談できます。携帯電話やPHS、公衆電話からも利用できますが、相談は各機関の相談受付時間内に限られています。

 

児童相談所・児童相談所虐待対応ダイヤル

最寄りの児童相談所や児童相談所虐待対応ダイヤル「189(いち・はや・く)」では、子育ての悩み、虐待の相談などについて、電話相談を受け付けています。 児童相談所虐待対応ダイヤルは通話無料です。児童相談所には、児童相談所相談専用ダイヤル:0570-783-189(なやみ・いち・はや・く)もあり、こちらは有料となっています。

 

生きづらさを感じるなどのさまざまな悩みについて相談したいとき

よりそいホットライン等

よりそいホットラインでは、電話、FAX、チャットやSNSによる相談に専門の相談員が対応してくれます。悩みの内容は、暮らしの悩みごとやDV・性暴力などの相談、 外国語による相談をしたい方 など多岐にわたっています。まずは、0120-279-338(岩手県、宮城県、福島県からは、0120-279-226)に電話してください。

 


長引く自粛生活で、明らかにストレスフルな生活を送っている方もいれば知らず知らずのうちにストレスを蓄積させてしまっている方もいらっしゃると思います。思いもよらない悩みごとが出てきてしまったという方もいらっしゃるでしょう。小さな悩みごとでもひとりで抱え込まないことが大切です。誰かに話を聞いてもらうだけでも気持ちが軽くなるかもしれません。
 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    医療の新着記事

  • PICKUP