ママネタ 育児 妊娠 育児の悩み 妊娠の悩み 体験談 育児あるある 妊娠あるある

「激しすぎるよ…!」妊娠中にしてみたら産後にも予想外のメリットが!?

18

お腹に話しかける妊婦さん

 

現在、生後3カ月の男の子を育てています。私は、妊娠中からおなかの赤ちゃんに聞かせるためによく歌っていました。そのため、出産後も妊娠中に歌っていた名残で赤ちゃんに向けて歌うことが多くありました。するとそのなかで、いくつかのメリットを発見したのです。私が感じた妊娠中から歌うことで出産後も得られた予想外のメリットをご紹介します。

 

続きを読む

歌い始めたきっかけ

私は妊娠中、胎動が激しくてなかなか寝つけないことがよくありました。日中は胎動の激しさを我慢できるのですが、夜は寝ることができず困っていました。そんななか、私は激しい胎動をなんとかすることができないかと思い、前から好きだった歌うことを始めました。

 

私が胎動を感じているときに歌うと、胎動が止まることに気づきました。まるで、赤ちゃんが歌を聞いているみたいに、歌い始めると静かになります。それ以来、私は胎動が激しくて寝られない夜は、よく歌いながらベッドに横になっていました。

 

生まれた後に気づいたこと

妊娠中に歌うことが習慣になっていた私は、生まれてからもよく赤ちゃんに向けて歌っていました。泣きそうなときなどに私が歌うと、泣かずに赤ちゃんの機嫌が良くなることに気づきました。パパが歌っても効果はなく、赤ちゃんは泣いてしまいます。

 

泣きそうなときに歌を聞かせるだけで、赤ちゃんをご機嫌にできるので助かりました。おなかの中にいるときから聞いていたママの歌は、赤ちゃんも安心するのかなと思っています。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

ママネタの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。