子どもを叩いてしまった…。罪悪感に苛まれ後悔したママがとった行動は…

イライラしているときに、子どもが何かをやらかしてしまった……。そんなとき、私はカッとなって、子どもを叩いてしまったことがあります。そのときに思った気持ちとその後の行動、どう子育てをしていくのか考えさせられた経験をお伝えします。

 

 

 

子どもを叩いてしまった…

私は子どもを毎日のように叱っています。その日は、3歳の長女が1歳の次女を物で叩いたことが原因でした。幸いなことに、次女はケガをしませんでしたが、いつもよりイライラしていた私はカッとなって長女を叩いてしまったのです。

 

そのときの子どもが泣いている状況と背中についた赤い手跡に、ただただ申し訳ないという気持ちと、やり過ぎてしまったという罪悪感だけが残りました。

 

叩いてしまったあとの長女への対応

罪悪感に苛まれ後悔しましたが、長女を叩いてしまったことは事実です。私は冷静になってから、泣いている長女の目をしっかりと見て、なぜこんなことをしたのか聞き、妹に物を投げてはいけないと説明をして妹に謝らせました。

 

そのあと、「痛かったね、ごめんね」と私も手をあげたことを謝りました。そして「〇〇ちゃんも同じように痛かったと思うよ」と言うとその日以降、長女は妹に手を出さなくなりました。

 

 

改めて考えた子育てのこと

その夜、帰宅した夫に、私はその日にあったことを伝えました。「人はどうしても感情や気分で怒ってしまう。けれど、子どもに対しては怒るのではなく、“やったことに対して叱る”ことをしていこう」と夫は私に言いました。

 

私は夫の言うことに納得し、この日の出来事を反省しました。そして何よりも子どもを叩かないでいいような教育と環境づくりが大切だということに気付かされました。

 

 

子どもを叩いてしまった経験があると、その後罪悪感に苛まれることがあります。しかし、後悔しても叩いてしまった事実は変わりません。そのため、その後の行動や、これからどうするかということが私は1番大事だと思いました。

 

 

 

イラストレーター/大福

監修/助産師 REIKO


著者:鳥居香咲

三姉妹の母。夫の両親と二世帯同居にて、子育て生活を楽しんでいる。現在は自身の経験をもとに、妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆している。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      4年ほど前より息子と2人でだけで暮らすようになった、現在小学2年の、世間いわれるシングルファザーです。 3歳の時にパパと一緒に暮らすことを、息子が選んでくれました。 4ヶ月ほど前から始まった在宅勤… もっと見る
      4年ほど前より息子と2人でだけで暮らすようになった、現在小学2年の、世間いわれるシングルファザーです。

      3歳の時にパパと一緒に暮らすことを、息子が選んでくれました。

      4ヶ月ほど前から始まった在宅勤務。
      休校などもあり、一日中2人だけで過ごす日々。

      毎日何回も同じことが続き叱ることが増えていき…
      2週間ほど前に、ついにはほっぺにピシャリと手が出てしまいました。
      今まで叩いたことはなかったのに。その後は罪悪感でひたすら自分が反省。(時には息子が見えないとこで泣いたり)

      今日も「何で毎日何回も同じことを言えばパパの言うこと聞いてくれるの!」…また手が出てしまい。

      しばらく経ってから息子へ謝りました。
      「パパがピシャリとほっぺを叩くのは、パパが悪かった」
      「仲良く一緒に2人で楽しく遊んで暮らそうよ、パパとのお約束をお願いだから守って。」

      もう手は出さないから…ヤンチャで言うこと聞かなくなってきてるから困りものです。

      ただ、ちょっとしたコップの洗い物は「僕がする!」や、洗濯物取り込んだら勝手にたたんで閉まってくれて…「見て見てー!」とやってきて、(褒めて欲しいのか꒰笑꒱ )

      と、距離感保ちつつ仲良く!が目標です。


      +23 -6

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶