医療 体験談 相談 出産 病院 無痛分娩・和痛分娩

「バシャッ!」無痛分娩の予定日前にまさかの破水!深夜に病院へ向かい…

1

無痛分娩の予定日前にまさかの破水!

 

初めての妊娠を機に、バースプランの存在を知った私。陣痛の痛みや精神的負担を軽くしたいため、無痛分娩を希望したものの、分娩予定日を目前に破水してしまい……。妊娠がわかってから出産までの体験談をご紹介します。

 

続きを読む

初めての妊娠! うれしい反面、募る不安…

私は29歳のときに念願の赤ちゃんを授かり、うれしい気持ちでいっぱいに! その一方で陣痛への不安があり、未知の出産に不安な日々を過ごしました。そんななか、夫と何気なくテレビを見ていたときのこと。

 

その番組は男性タレントが特殊な電気ベルトをつけて、模擬出産をするという内容でした。陣痛を体験した男性タレントは痛みにもだえ、分娩台から転げ落ちたのです。そのリアクションに私は出産への不安がますます強くなりました。

 

出産方法には選択肢がある!?

そんななか、先輩ママから「無痛分娩をして出産がラクだったよ」と教えてもらいました。それまで私の周りには自然分娩をした友人しかおらず、私自身もなんとなく自然分娩をするものだと思っていたのです。さっそく通院していた産婦人科で、無痛分娩ができるかを確認。

 

そこでは、硬膜外麻酔と脊椎麻酔を併用した無痛分娩が実施されていることを知りました。バースプランを決める時期を迎え、夫と一緒にリスクの説明を受け、夫婦で相談のうえ無痛分娩を決意。不安がすべて払拭されたわけではありませんが、陣痛の痛みが軽減されることから少し心が軽くなりました!

 

無痛分娩の予定日前に破水!

出産予定日が近づき、担当医から無痛分娩の予定日を提案されました。私が通院している病院では、基本的には平日に無痛分娩の対応をしています。出産予定日が土曜日のため、休み明けの翌月曜日に無痛分娩を実施することになりました。

 

しかし、出産予定日の日付を過ぎたばかりの日曜日の深夜2時ごろ、トイレに行こうとしたとき、自分の意思とは関係なく腟からジャバッと水が出たのです! 破水だと思い、すぐに病院へ電話。病院からの指示のもと、私は用意していた入院用品を持って病院へ向かうことに……。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。