意識が戻った!医師に渡された驚きのモノは【息子が突然意識を失った話4】

2020/07/25 16:55
39
小学2年生の桃太郎くんと、年中さんの金太郎くんの兄弟のママ、うえだしろこさん(@shiroko_u)。愛らしい兄弟の日常が共感を呼び、Instagramでは9万人以上のフォロワーをもつ人気のマンガ家さんです。うえだしろこさんが実際に体験したという、「子どもが突然意識が朦朧としはじめた」話をご紹介します。3話「意識朦朧のわが子、急いで受診した結果?!【息子が突然意識を失った話3】」に続き、最終話です。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ

小学2年生の桃太郎くんと、年中さんの金太郎くんの兄弟のママ、うえだしろこさん。愛らしい兄弟の日常が共感を呼び、Instagramでは9万人以上のフォロワーをもつ人気のマンガ家さんです。

 

今回は、年中さんの金太郎くんが突然意識が遠のいていったときのエピソードをご紹介します。朝起きて腰痛を訴えたあと、意識が朦朧(もうろう)としはじめて、急遽病院へ向かうことに……! ついに原因がわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで、その正体は、「低血糖」でした。


かなり頻度は少なくなっているけど、今までわりと寝落ちしてしまうことがあったので、突然こんなことになって本当にびっくりしたし、怖かったです。

 

長くお休みだった幼稚園が始まったり、暑かったり、色々重なって症状が出てしまったのかも、とお医者さんは言っていました。

 

ジュース飲んでみるみる回復する姿をみて、心底ほっとしました。

帰りの車では「キンチャン、アイスたべる」とか呑気なこと言ってました。


低血糖は、重症だと命に関わることもあるそうなので、場合によっては救急車呼んだほうがいいと思います。


私は8年近く育児していて、こんなこと初めてでした。

 

 ◇ ◇ ◇

 

金太郎君、大事に至らずよかったですね……!

子どもは食事量が少なすぎたり、食事の時間が空きすぎると「低血糖」になりやすいそうです。お子さんに同様の症状が見られた場合は、早めに医療機関を受診しましょう。


著者:うえだしろこ

小学2年生の桃太郎くんと、年中さんの金太郎くんの男児兄弟ママ。6月に共感育児エッセイ『愛むすこは予想の斜め上!~ドタバタ兄弟育児日記~』を発売。


この記事にいいね!しよう

いいね!
39

現在ログインしていません。

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。