ママネタ 名づけ

イマドキで可愛い!女の子の「撥音ネーム」ランキングTOP10<上半期>

24

 

ベビーカレンダーは、2020年1月から6月に生まれた45,577名の女の子を対象に、『上半期の名づけトレンド』に関する調査を行いました。今回は2020年上半期生まれの女の子に人気だった、名前のよみに「ん」の入る「撥音(はつおん)ネーム」TOP10をご紹介します。

続きを読む

1位 凛(主なよみ:りん)

2018年、2019年と2年連続年間ランキング2位の「凛(主なよみ:りん)」が、上半期の「撥音ネーム」1位を獲得しました。「冷たい」という意味があることから、2月生は月間ランキング1位と、特に冬生まれの女の子に人気が高まりました。

 

「凜とした美しさ」「凛々しい姿」のような言葉にも使われることから、美しくも自立した女性像をイメージするようです。「周囲の意見に流されずに、自分の決めた道を進んでいくような女性になりますように」という想いを感じられるようです。

 

2位 杏(主なよみ:あん)

2018年の年間ランキングでは15位、2019年は16位にランクインした「杏(主なよみ:あん)」。2019年の漢字ランキングでは29位、よみランキングでは57位にランクイン。

 

「杏」は「あんず」のこと。春先に咲く淡いピンク色の花を咲かせ、夏先にオレンジ色のおいしい実がなることから、特に春夏生まれの女の子に人気です。見目麗しく、役立つ人になるようにといった願いを込めることもできます。覚えやすくてキュートな「二音ネーム」の一つです。

 

3位 凜(主なよみ:りん)

3位にランクインしたのは「凜(主なよみ:りん)」。1位の「凛」の旧字体で、同じよみ、同じ意味です。

 

「凜/凛」は「芯の強さ」「知性」「品」という印象を受け、鈴の音のようにかわいらしい響きのなかにもきりっとした清々しいイメージを感じさせ、男女問わず人気の名前です。

 

4位 杏奈(主なよみ:あんな)

「杏奈(主なよみ:あんな)」は2018年の年間ランキングでは20位、2019年は19位にランクイン。響きが愛らしく呼びやすい名前で、2019年のよみランキングでも38位にランクインしています。

 

健康的で実り豊かなあんずを意味する「杏」と、穏やかで愛らしい印象の「奈」を組み合わせた、女の子らしい名前です。健康で美しく、みんなに愛される女性をイメージするようです。

 

5位 花音(主なよみ:かのん)

2018年の名前ランキング65位から、2019年は48位へと大幅にランクアップした「花音(主なよみ:かのん)」。よみランキングで2018年の51位から、2019年は37位へとランクアップしていることからも、近年の注目度の高さがうかがえます。

 

花が奏でる音をイメージするようで、女の子らしくかわいい名前です。

 

6位 蘭(主なよみ:らん)

2018年の年間ランキングでは34位、2019年は39位にランクインした「蘭(主なよみ:らん)」。2019年の漢字ランキングでは91位にランクインしています。

 

その漢字の通り、美しい蘭の花をイメージし、気品ある華麗な様子を思い浮かべます。「蘭の花のように気品があり、誰からも好かれる魅力的な女性になりますように」という願いを込めて名づけてもいいですね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

名前ランキング検索

ベビーカレンダーが独自で調査・集計した2017年以降に生まれた赤ちゃんの名前データの中から、知りたい名前の順位、よみの順位を見ることができます。
 
 

ママネタの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。