暮らし 工夫 知育 お手伝い 遊び 洗濯 そうじ

子どもが喜ぶ♪やってよかった! おうち時間の楽しみ方3選【体験談】

22

子どもが喜ぶ♪やってよかった!おうち時間の楽しみ方3選【体験談】

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響で幼稚園が臨時休園となり、外出自粛をして家にいる時間が増えたことで、私も4歳の娘もストレスが溜まるようになりました。家で何か楽しいことを一緒にできないかと考えた結果、お菓子作りやビデオ電話での通話、家事のお手伝いをしてもらうことでおうち時間を充実させることができました。

 

続きを読む

遊びの延長でできるお菓子・料理作り

最初に考えたのは、普段娘が幼稚園でしている遊びの延長でできるお菓子や料理作りのお手伝い。

 

クッキーを作るときには材料を混ぜる工程や型抜きを、お団子作りでは材料を混ぜる工程とお団子を丸めるところを、粘土遊びの感覚で娘と一緒におこないました。また、餃子を作る際は、材料を混ぜる工程と餃子の皮に水でのりをつけるところを、お絵描きや工作でのりづけをするような感覚で手伝ってもらいました。

 

そして、実際に食べるときには、「○○ちゃんが手伝ってくれたからおいしいね」と声をかけると喜んでいました。

 

友だちとのLINEビデオ電話

わが家は両実家と離れて暮らしており、LINEのビデオ通話で実家と通話することが日常になっていました。ある日、両親だけでなく子どもがいる友だちともビデオ通話できないかと思案しました。

 

最初に思いついたのは幼稚園の友だち。幼稚園で親子ともに仲良くしてもらっている方のなかに、転勤で実家かから離れて暮らしていて、わが家と同じように上・下にきょうだいがいない親子が2組いました。そのママたちに声をかけ、個人やグループでビデオ通話をしてみることに。子どもたちはお互いにクイズを出したり、それぞれの家の中でかくれんぼをしたり、好きな遊びを披露したりして喜んでいました。

 

次にビデオ通話をしようと相談したのは、高校や大学時代の旧友のなかで同じくらいの年齢の子どもがいる人。子ども同士は初対面でしたが、本人たちにとってはまったく関係ないようで、自己紹介をしたあとは幼稚園の友だちとのビデオ電話と同様に遊んでいました。また、旧友と久しぶりに近況を報告しあって、大人同士で話せたことは私自身のストレス解消にもなり、友人たちからも「気分転換になった」と言ってもらえたのでホッとしました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。