「ええっ!なんでいるの?!」夫の立ち会い、希望してなかったのに…!

2020/08/12 16:25
7
かめこさんの「赤ちゃんがやってくる!」第34話。産院から家に帰されてしまったかめこさん。ところが、陣痛はますます強くなり…?!
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ
かめこ

ベビーカレンダーご覧のみなさん、こんにちは!2019年8月に女の子を出産し、はじめての育児に日々奮闘中のかめこです。

 

第34話は、痛みの中産院に着いたけれど……陣痛の痛みを耐えながら、家に帰ったお話です。

育児日記(4コママンガ)

 

一旦家に帰ることになったのはいいのですが、車に乗り込むころには陣痛がかなり強くなり歩くのもしんどくなってきていました。

 

 

そんな中、帰る途中に寄ったコンビニのトイレでおしるしが!


ですが、私は悩んだ挙句、もしかしたらまた陣痛の痛みも治まるかもしれないとそのままスルーし家に向かうことに……。


産院へ引き戻そうかとも思いましたが、戻ってもまた帰されてしまうかもと不安で戻れず、ギリギリまで耐えることにしました……。

 

 

陣痛がどんどん強まり、駐車場に着いたはいいけれど自宅の階段を上ることができず(4階なので)


車内でうずくまってずっと痛みに耐えていたのですが、陣痛の間隔も1分を切ったころもう限界を感じ「これはもう生まれる!!」と本気で思いました!

痛みの中また帰されたらという不安の中、病院に電話することに!


おしるしがあったこと、痛みがどんどん強まって間隔も1分を切ったことを伝えると「すぐ来てください」と言われ再び病院に向かうことになりました。本当につらかった……。

産院に着くとすぐ内診へ、その時ちょうどけいさんも産院に到着しました。ナイスタイミング!


内診で診てもらうと、なんと子宮口は6cmに!あの痛みの中でどんどん開いていっていたようです。そのまま入院となり、分娩室へ向かいました。


これから出産という状況でしたが、出産の不安よりも「やっと入院できる!」という安心感のほうが勝っていた気がします。

 

そして、入院着に着替えて分娩台に上がると、なぜか横にはけいさんが!


看護師さんに連れられて流れで分娩室に入ってしまったとのことで、立ち会い希望ではなかったのですがこの時そんなことを言っている余裕もなく……。


けいさん立ち会いのもと出産することになってしまいました!!イヤだったのに……。

 

著者

イラストレーター かめこ


2019年8月に女の子を出産し、家族が増えて一層賑やかになりました。はじめての育児は分からないことだらけで日々奮闘中です!赤ちゃんが産まれるまでの家族とほのぼの妊娠ライフをブログにて更新しています。



この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

924
木曜日

今日のほのぼの星座占い

やぎ座

1位 やぎ座

ふたご座

2位 ふたご座

かに座

3位 かに座

あなたの星座は何位? 占い結果を見る

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。