食・レシピ アレルギー 栄養 食べていいものダメなもの 幼児食

毎月月末はそばの日!赤ちゃんはそばを食べてもOK?

ざるそば

 

毎月月末は「そばの日」ということをご存知ですか?その昔、江戸の商人が毎月月末に縁起物としてそばを食べていたことから、日本麺業団体連合会が定めたのだそうです。

 

 ツルツルとおいしいそばは、とくに暑い季節はせいろに盛りつけられたそばを見ているだけで、大人は涼しげな気持ちになりますね。うどんと同じような麺類に見えますが、そばの場合はそばアレルギーの心配があります。赤ちゃんはいつから食べることができるのか、今回はそばアレルギーと合わせて解説します。

 

続きを読む

そばアレルギーってどんなもの?

そばアレルギーとは、そばに含まれているたんぱく質が原因でアレルギーの症状が出るものです。

 

とくにそばアレルギーの場合は、そばに含まれているアレルゲンによって「アナフィラキシーショック」という重い症状を起こすことがあります。場合によっては命に関わる危険な状態になるため、赤ちゃんに食べさせるときには注意が必要です。

 

そばを食べるのは3歳を過ぎてから

そばは赤ちゃんの消化器官が発達した3歳を過ぎてから、少量ずつ食べ始めましょう。とくに初めて食べるときは、皮膚に発疹などが出ていないか、便の状態に変化はないか、赤ちゃんが食べたあとの体調もしっかりと観察しましょう。

 

また、そばの麺そのものを食べないときでも注意が必要です。たとえば大人がそばを茹でたお湯で、赤ちゃんのうどんを茹でた場合でも、アレルギー症状が出ることがあります。とくに外食するときには気を付けましょう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。