毎月月末はそばの日!赤ちゃんはそばを食べてもOK?

2017/07/31 13:00
毎月月末はそばの日ということをご存知ですか?ツルツルとおいしいそば。うどんと同じような麺類に見えますが、そばの場合はそばアレルギーの心配があります。赤ちゃんはいつから食べることができるのか、今回はそばアレルギーと合わせて解説します。

 

毎月月末は「そばの日」ということをご存知ですか?その昔、江戸の商人が毎月月末に縁起物としてそばを食べていたことから、日本麺業団体連合会が定めたのだそうです。

 

 ツルツルとおいしいそばは、とくに暑い季節はせいろに盛りつけられたそばを見ているだけで、大人は涼しげな気持ちになりますね。うどんと同じような麺類に見えますが、そばの場合はそばアレルギーの心配があります。赤ちゃんはいつから食べることができるのか、今回はそばアレルギーと合わせて解説します。

 

そばアレルギーってどんなもの?

そばアレルギーとは、そばに含まれているたんぱく質が原因でアレルギーの症状が出るものです。

 

とくにそばアレルギーの場合は、そばに含まれているアレルゲンによって「アナフィラキシーショック」という重い症状を起こすことがあります。場合によっては命に関わる危険な状態になるため、赤ちゃんに食べさせるときには注意が必要です。

 

そばを食べるのは3歳を過ぎてから

そばは赤ちゃんの消化器官が発達した3歳を過ぎてから、少量ずつ食べ始めましょう。とくに初めて食べるときは、皮膚に発疹などが出ていないか、便の状態に変化はないか、赤ちゃんが食べたあとの体調もしっかりと観察しましょう。

 

また、そばの麺そのものを食べないときでも注意が必要です。たとえば大人がそばを茹でたお湯で、赤ちゃんのうどんを茹でた場合でも、アレルギー症状が出ることがあります。とくに外食するときには気を付けましょう。

 


麺だけじゃない!そばが含まれている食品

そばは、麺のほかにもさまざまな食品に加工されています。たとえばお菓子の場合、そばかりんとう、そばまんじゅう、そばぼうろ。飲み物ではそば茶などもあります。

 

また、調味料のコショウには、増量剤としてそばが使われていることもあります。そばが含まれている加工商品にはアレルギー表示があるので、必ずパッケージの表示をチェックしましょう。

 

 

そばが食べられなくても、赤ちゃんの栄養バランスが偏るわけではありません。むしろ赤ちゃんが気付かないうちに食べることがないように、3歳までは加工食品の表示にも注意したいですね。


  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。