マンガ 体験談 ニシカタ

聞く耳もたねぇ!魔のイヤイヤ期の乗り越え方 #ニシカタ体験談69

Instagramで大人気のニシカタさん(Instagram@c_nishikata)の育児エピソードをお届けします。

 

今回は、イヤイヤ期ピークに行きついた、ニシカタさんのイヤイヤ期の乗り越え方のお話です。

 

 

 

 

 

やだって言いたいだけ説。


われら大人は、イヤイヤの荒波がおさまるのをただ待つしかない……。

そう感じたのでした……。


荒波に寄り添っても!


荒波をねじ伏せようとしても!


荒波を乗り越えようとしても!


結局は波にのまれて大ダメージなんだ……。

それならもうこれは天災だと思って、ただ静かに見守るのがいいと思った。


イライラして子どもに怒っても火に油。

 

いや、荒波ON荒波。

きっと思春期の反抗期とかもこんな感じなんだろうな……。


えみりんは2歳半ですが、いま振り返ってみるとイヤイヤ期のピーク(2歳前後)よりすごく大人しくなりました。

子育てってこういうことの連続ですね。


「気づいたら育てやすくなってた」
「そういえば〇〇しなくなった」
「そういえば〇〇できるようになってた」


成長してくれてありがとうございます。


絶賛イヤイヤ期の娘さんには、質問することも、選ばせることもできないと悟り「イヤイヤ期は天災だと思って、ただ静かに見守る」という結論に達したニシカタさん。

 

イヤイヤ期は親もイライラしてしまい、子育てが特に大変な時期ですが、それぞれのお子さんに合った付き合い方を見つけて、乗り越えていけるといいですね。

 

ニシカタさんの最新マンガはInstagramやアメブロで更新中です。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ニシカタ(@c_nishikata)がシェアした投稿 -

著者

イラストレーター ニシカタ


2018年1月、長女を出産。インスタで出産、産後、育児レポートマンガを更新し、人気に。ゲームと海外ドラマとデパ地下が好き。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。