装着から1年!今となってはメリットしかねぇ!【ミレーナ体験談11】

産後の重い生理症状に悩み、黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出する子宮内システム「ミレーナ」を装着したという、1児の母ババアさん。装着から、その後の経過まで、マンガを絡めながら紹介します。

こんにちは。「ババア、育児をする」のババアです。

 

産後、月経量が多くなり、生理痛もてツラく、悩んだ結果、新しい手を打とうかと、ミレーナを装着しました。ミレーナとの出会いからその後の経過までをお話しします。前回は、ミレーナ装着10カ月ごろに感じた経血量についてお話ししました。

 

今回は、ミレーナ装着後ついに1年を迎えたころの様子をご報告します。

 

※ミレーナをオススメする!というわけではありません。あくまでも個人の体験談ですから、詳しいことは産婦人科にご相談!

 

ババアさんのミレーナ体験談11

ババアさんのミレーナ体験談11

ババアさんのミレーナ体験談11

●生理痛がしんどい
●量が多くてしんどい
●子どもを産む予定がもうない

という理由で装着することとなったミレーナ、ついに1年が経過しました。

これまでの経緯を読んでくださっている方にとっては、毎回同じようなことしか言わない報告記事で申し訳ないですが、新しく言うネタがないくらい、ミレーナで快適な日々なのです。

もう漫画に書いたとおりで、メリットしかねぇ〜〜って感じで。
どうしてもデメリットを挙げるとするなら、このくらいでしょうか?

〜あえて挙げるとするなら…って感じのデメリット〜


●PMSへの効果は期待できない
→でも、個人的には「生理が軽い」ことで精神的な波が落ち着いたように感じます。医学的根拠のない個人的な感想ですけれども。


●それなりに費用はかかる
→ババアは「生理痛がしんどい」という理由で受診しミレーナを装着することになったので、保険適用となっております。それでも、これまでにかかった費用はだいたい3万円くらい!!(今後は年に1度の検診で、毎回3000〜5000円くらいずつかかるかな?と思います)。とはいえ、検診のたびに子宮や卵巣の状態を診てもらえたり、子宮頸がんの検査も同時に受けたりしているので「メンテナンス費も込み」と考えるとそう高くないようにも思います。漫画にも書いたように、地味にかかっていた生理用品代は安くなりましたしね。

 

●子どもが生理について触れる機会が減る?
→これは、例えばお風呂で「ママ血が出てる〜」みたいな会話から、女性の体について説明する、みたいなきっかけがなくなってしまったというだけのことです(出血がもうほんとにほとんどないので…)。もちろん、他のタイミングで話すきっかけはいくらでもあると思うのでデメリットと言えるかはわかりませんが!!

ミレーナを装着していると、やはり年に1度は婦人科に行くことになるわけで。そうすると、普段ついつい後回しにしてしまっている婦人系のがん検診をするきっかけになったりして、そこがいいなあと思っております。自分のための通院、特に婦人科はついつい後回しにしてしまう…という方は少なくないと思うので……。

ちなみに、ここ最近の生理ではもう出血が少なすぎて、おりものシートで足りてしまうくらいにまで落ち着きましたッ!! もはやナプキンもいらない……。初期投資数万円で、最長5年間ここまで快適な生活が送れるのだから、すごいもんだなぁと思うこのごろです。

 

とにかく「生理がしんどいのを、我慢しないで!!!!!」「気軽に婦人科に相談に行けるような世の中になるといい!!!!!」そんな思いで記事を書いています〜〜。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターババア

    3歳児を育てているババア。一応、管理栄養士である。ブログ「ババア、育児をする」では、ミレーナ体験のほか、管理栄養士としての食事のアレコレや育児のオススメ情報、くだらない日記なども公開中。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP