私の生理、重いの?軽いの?普通なの?見分けかたはコレ【医師監修】

カテゴリー│医療  子宮内膜症  生理痛  生理  子宮筋腫 
2020/10/21 21:55
5

「重い生理痛」の見分け方

生理痛にはさまざまな症状があり、人それぞれ違うものですが、「重い生理痛」とはどういう状態を指すのでしょうか? 自分の生理痛が重いのか、軽いのか、はたまた普通なのか、周りと比べることで判断している人も多いはず。そこで、どんな症状だと「重い生理痛」のか、見分け方を医師に聞きました。

 

 

答えてくれたのは……
こまがた医院院長 駒形依子(こまがたよりこ)先生

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』

 

続きを読む

重い生理痛ってどんな状態のこと?

そもそも生理痛は「生理に伴う痛みや不快感」全般のこと。下腹部痛や腰痛、頭痛などの症状は、多くの人が経験しているのではないでしょうか?

 

一般的に、「重い生理痛」は、症状の程度や、複数の症状があるかで判断されます。しかし、痛みの感じ方にしても、人それぞれ違うので、同程度の強さの痛みがあったとしても、痛みに弱い人はすごくつらく感じますし、痛みに強いタイプの人は、それほどつらいとは感じないかもしれません。

 

大事なのは痛みのベルではなく、本人が「重い」「しんどい」「辛い」と感じたら、それは「重い生理痛」なのです。

 

気を付けて! 重い生理痛は病気のサインかも?

生理痛を引き起こす原因には、冷えや脱水があると言われており、その場合は、生活習慣を変えることで緩和されることもあります。ただ、生理痛の原因には、手術が必要になるような病気の場合もあります。

 

重い生理痛を起こす病気として最も多いのは子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症の3つで、女性の三大良性疾患とも呼ばれます。大きさやできた場所、進行具合によって経過観察、薬物療法、外科手術の3つの方法で診療されますが、自覚症状がない場合もあり、病院に行ったときにはかなり進行していた……ということも。

 

これは、症状があったとしても、自分の中ではすでに「当たり前の症状」になってしまっていて、症状を自覚していないというケースもあります。自覚症状がある時点で体は悲鳴を上げていますし、自覚してからでは遅い場合もあります。定期的にがん検診や超音波検査を受けるようにしましょう。

 

なお、これらの病気は、ほとんどの場合、生理痛や過多月経(経血量がひどく多い状態)が重くなる傾向があります。いつも生理が重いという人も、最近生理痛がひどくなってきたという人も「私の生理って、こんな感じなんだ」と思わずに、少しでも異常を感じたら病院で相談してみるといいでしょう。

 

また、慢性的な冷え性や便秘に悩まされている人は生理痛が重くなることも。どちらも本当に健康な人であれば表れない症状なので「冷え性も便秘もいつものことだし……」と思わずに、体が万全な状態ではないと自覚することが大切です。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)