駒形依子 先生の記事

著者プロファイル

医師

駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
3 クリップ

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。

H13年 東京女子医科大学入学
H20年 米沢市立病院入職
H24年 東京女子医科大学病院産婦人科入局
H26年 東京女子医科大学東洋医学研究所入局
H28年~フリーランスで活動
H30年 こまがた医院開業

HP:こまがた医院 https://www.komagatacl.com/

記事(486)
「え?LDLコレステロールが軽度異常!?」更年期は増えやすい?更年期とコレステロールの関係とは
「え?LDLコレステロールが軽度異常!?」更年期は増えやすい?更年期とコレステロールの関係とは
年1回必ず受けている健康診断。いつもオールAで、毎年特に心配などしていませんでした。しかし今年は、結果通知を見て一瞬「あれ?」と固まった私。1つB判定で軽度異常となっているではありませんか! その結果を見て「なんで? どうして?」と疑問ばかりが頭を駆け巡ります。やはり40代にもなると、何かしらの体の不調や変化が出てくるのかしら……とがく然としてしまいました。
アラフォーで謎の頭痛や倦怠感、古傷が痛むように…原因は更年期ではなく予想外のもので【体験談】
アラフォーで謎の頭痛や倦怠感、古傷が痛むように…原因は更年期ではなく予想外のもので【体験談】
私はジブリ作品の「魔女の宅急便」が大好きです。その中で幼少のころから疑問に思っていたセリフがあります。青い屋根のおうちのおばさまが「お天気が良いのに足が痛むの」という言葉。なぜだろうと、当時の私は母に聞いたものの「大人になったらわかる」と言われたきり、結論は出ずに大人へ。そして40代になって自分がその状況に出くわし理解できるように。その症状とは。
40歳以上は受けたほうが良いと言われて受けた「子宮体がん検査」。強い痛みでトラウマに【体験談】
40歳以上は受けたほうが良いと言われて受けた「子宮体がん検査」。強い痛みでトラウマに【体験談】
38歳から家族の介護が優先になり、自分の体調管理がおろそかに。40歳になると動悸や息切れが気になり始めました。プレ更年期だと思い、サプリメントを半年間服用するも回復しません。経血量も増えて体調も悪化するばかり。そんなとき受けた40歳の子宮頸がん検診をきっかけに、体調不調を医師に相談すると、「年齢的にも子宮体がん検査を」と提案が。人生初の子宮体がん検査を受けた結果をお伝えします。
45歳から「おなら」を頻発するように!大腸カメラで異常なし→原因は意外なことだった!?【体験談】
45歳から「おなら」を頻発するように!大腸カメラで異常なし→原因は意外なことだった!?【体験談】
45歳を過ぎてからやたらと出まくる「おなら」。若いころはめったに出なかったのに、なぜこんなにガスがたまるようになってしまったの? あるとき健康診断の検便で「要精密検査」の判定が! まさか、おならは良からぬことの前触れなのでしょうか。アラフィフ女子がおなかの不快感に悩まされる体験談です。
「お母さん、死にそうな顔してるよ」若いつもりでいたのに…娘の言葉で気付いたこととは【体験談】
「お母さん、死にそうな顔してるよ」若いつもりでいたのに…娘の言葉で気付いたこととは【体験談】
昔からの友だちに会うと、いつでも学生時代にタイムスリップできます。学校を卒業したのがつい先日のような気持ちになって会話が弾みます。あれから早30年。月日の流れは早いもので、気付かないようにしていても体はどんどん老化しています。疲れやすく、忘れやすい……そんな体調の変化に目を背けていたら、体が悲鳴を上げました。私の身に起きたことをお伝えします。
きっかけは夫の顔のブツブツ!白湯を飲み始めたら円満ではない夫婦関係にも意外な変化が【体験談】
きっかけは夫の顔のブツブツ!白湯を飲み始めたら円満ではない夫婦関係にも意外な変化が【体験談】
もともとコーヒーが大好きな私たち夫婦。夫の肌トラブルをきっかけに、口にするものを見直してみようと白湯を飲み始めました。手軽すぎる方法で期待していなかったものの、体に良い変化が。そして、会話が少なく円満とは言いがたかった夫婦関係にも変化があったのです。
一気に肩が軽くなって驚いた!長年の悩みだった肩凝りが改善した方法とは【体験談】
一気に肩が軽くなって驚いた!長年の悩みだった肩凝りが改善した方法とは【体験談】
第1子を30歳で産んでから、肩凝りとの闘いが10年間続いています。子どもを抱っこする毎日の中、子どもが大きくなるにつれて肩への負担も増加。肩凝りがひどくて寝られない日も度々あり、寝不足になることも。整形外科や接骨院に行ってもなかなか改善せず。今は子どもを抱っこすることが減り、肩凝りは改善するはずなのに肩凝りはひどくなる一方。そんな私があることで一気に肩が軽くなった体験談をご紹介します。
48歳で卵巣がんに。ステージ1でも抗がん剤が必要!?私が下した決断は【体験談】
48歳で卵巣がんに。ステージ1でも抗がん剤が必要!?私が下した決断は【体験談】
48歳のときに手術した卵巣がん。ステージ1Cとの診断でしたが抗がん剤を勧められました。ステージ1なら抗がん剤は不要だと思っていたのですが……。ネットでいろいろ調べるも明るい情報は少なく、抗がん剤を使用するかについて、最終的に私が決断するまでの体験談です。
冷えや生理の重さが気になる40代。リラックスタイムによもぎ蒸しパッドを使ってみた【体験談】
冷えや生理の重さが気になる40代。リラックスタイムによもぎ蒸しパッドを使ってみた【体験談】
更年期なのか、体の末端の冷えがひどくなり、生理は前よりも短く、重さを感じ始めている今日このごろ。そんなときに知ったのがよもぎ蒸しパッド。これを寒い日に着けることで、生理前の腹痛が少なくなったような気がしています。よもぎ蒸しパッドを使ってみた体験談を紹介します。
睡眠不足は美容の大敵!簡単にできるアラフィフの安眠対策をした結果【体験談】
睡眠不足は美容の大敵!簡単にできるアラフィフの安眠対策をした結果【体験談】
深夜残業や休日出勤で多忙を極めていた40代。慢性的な睡眠不足で、仕事の夢にうなされたり、夜中に何度も目を覚ましたり、いくら寝ても疲れが取れない日常を送っていました。目の下の黒クマ、かっさかさでくすみがちな肌、くっきり刻まれたほうれい線など、肌の老化はマックス状態。そんな私が、睡眠環境を改善するために実践した、超簡単にできる3つの安眠対策をお話しします。
穏やかだった娘の態度が激変!更年期母と思春期娘の700日間戦争を経て親子関係が変わった理由は【体験談】
穏やかだった娘の態度が激変!更年期母と思春期娘の700日間戦争を経て親子関係が変わった理由は【体験談】
娘は穏やかな性格で、育てやすいタイプだと思っていました。しかし、中学3年生になって態度が激変。高校1年生までの約2年が反抗期のピークでした。当時は私も更年期が始まり、心身ともに不調を感じていました。娘の思春期と私の更年期が重なり、親子関係は最悪でした。そんな親子関係が変わったのは……。
低血圧のはずが40代でまかさの高血圧に!ちょっとした食生活の見直しで改善できた方法とは【体験談】
低血圧のはずが40代でまかさの高血圧に!ちょっとした食生活の見直しで改善できた方法とは【体験談】
30歳ごろまでは低血圧。最高血圧は100以下、健康診断でも85~90くらい。出産しても体重が増えても100を超えることはなかったのが、40代に入り異変が起き始めました。ダイエットに失敗し、食べ盛りの子どもたちと一緒に味の濃いものを食べる生活。さらに夫のつまみまで。今考えるとこの食生活で血圧が上がらないわけがありませんでした。そんな私が高血圧を改善できた方法を紹介します。
乳がんの後、続けて発症した脳出血。さらに更年期症状も。私が穏やかな更年期を過ごせるようになるまで
乳がんの後、続けて発症した脳出血。さらに更年期症状も。私が穏やかな更年期を過ごせるようになるまで
40歳のときに乳がんで乳房を全摘後、ホルモン剤治療で寛解し、再発の兆候はありませんでした。しかし、その後に脳出血を起こしました。まひが残り、リハビリを受ける状態でした。無事退院できたもののリハビリは続けねばならず、更年期症状も出てきました。周囲の理解のおかげで穏やかな更年期を過ごせるまでになるまでの体験談を紹介します。
女性のお悩み軽減がかなう!? ホットフラッシュに悩む私がフェムケア矯正を試してみた【体験談】
女性のお悩み軽減がかなう!? ホットフラッシュに悩む私がフェムケア矯正を試してみた【体験談】
ホットフラッシュ(エストロゲンという女性ホルモンの減少により自律神経が乱れ、血管が拡張して体温調節機能が働かなくなり、のぼせ・ほてり・発汗などを生じやすくなる更年期の代表的な症状)で悩んでいる私。ホットフラッシュになるたびにサーキュレーターを使って涼んでいたのですが、もう少し根本的に改善する方法はないものかと思い、ネットで調べてみました。すると、骨盤や骨格を矯正することにより更年期の悩みや女性特有の冷えのぼせを改善するという「フェムケア矯正」というものを発見。もしかしてホットフラッシュにも効果があるのでは?と思い、試してみることにしました。
分娩後の出血が想定外の量に!そのとき私の命を救ってくれたのは【体験談】
分娩後の出血が想定外の量に!そのとき私の命を救ってくれたのは【体験談】
35歳で初めて妊娠した私は、うれしい半面、出産の恐怖も拭い切れませんでした。そして、まだ見ぬわが子との新生活への期待と不安を抱きつつ、いよいよ出産の日を迎えたのです。ここまでの経過は良好、しかし……。出産は何が起きるかわからないもの、ということを実感した私の体験談をご紹介します。
「血糖値が高いですよ」傷や風邪の治りが悪くなった原因はまさかの生活習慣病だった!【体験談】
「血糖値が高いですよ」傷や風邪の治りが悪くなった原因はまさかの生活習慣病だった!【体験談】
今までならすぐに治っていたはずの虫刺されの痕や風邪が悪化する……。2019年の夏から秋にかけて立て続けに起こった体調不良。検査の結果、まったく関係ないと思っていたある生活習慣病を発症していたことが原因だったとわかった体験をご紹介します。
45歳に突然始まった、手指のこわばり…病気かと思って調べてみたら、まさかの!【体験談】
45歳に突然始まった、手指のこわばり…病気かと思って調べてみたら、まさかの!【体験談】
40代になっても同年代に比べたらまだまだ若い気でいる私。更年期なんて自分には無関係な話だと興味もありませんでした。しかし45歳を過ぎると体に違和感を感じるようになりました。更年期症状といえば生理に異常が起こることだと認識していたので、突然始まった起床と同時に起こる手指のこわばりが更年期症状と関係があったとは思いもしませんでした。
元々自己肯定感が低かった上に元夫から「お前は使えない」と言葉の攻撃。ダメ人間だと思っていた私は
元々自己肯定感が低かった上に元夫から「お前は使えない」と言葉の攻撃。ダメ人間だと思っていた私は
私はふとした仕草や言葉の端々から人がついたうそを感じ取っています。これはなかなか人に説明はできないのですが、揺るぎない確信として自分自身の中に存在しています。これがHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の特性の1つだと知ったのは最近のこと。それまでは風変わりで面倒な人間だと、自分自身を嫌っていました。これは自分の存在意義を自ら否定していたことに気付いた人生最大の発見でした。
「立っていられないほど体がだるい…」ただの疲れだと思っていたら、まさかの病気が判明【体験談】
「立っていられないほど体がだるい…」ただの疲れだと思っていたら、まさかの病気が判明【体験談】
アラフォーになってからというもの、妙に疲れやすくなったような気がしていました。「年のせい? それとも運動不足かな?」と思っていたある日のこと。食器を洗っている最中に、立っていられないほどのだるさを感じたのです。その理由とは……?
PICKUP

ベビカレアプリ
新コーナー!

✨今すぐ✨
チェック →