ついでの検査結果に号泣!子ども好きの彼にも伝えなきゃ…【生理体験談】

2020/10/12 21:25
8
まだ22歳の独身だった女性が、生理痛の相談ついでに受けた子宮頸がん検査の結果、軽度異形成ということが判明。不安のなか、子ども好きの彼にそのことを伝えると…。現在では1児の母になったという女性の体験談です。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
体験談
生理

子宮がん検診→まさかの手術!【生理体験談】

 

学生時代から重い生理痛に悩んでいたという女性。彼女は「生理痛の相談」のついでに受けた子宮頸がん検診で、あることが判明したというお話です。

 

 

続きを読む

ひどくなった生理痛で、産婦人科を受診

22歳のころの話です。 高校生くらいから生理痛が重くなった私は、だんだん不安になり、産婦人科に行きました。

 

受診後、医師からは「うーん、原因はまだわからないですね。生理以外の日には当帰芍薬散、生理中は芍薬甘草湯という漢方を飲んで様子をみましょう。漢方を飲んでも治らなければ、ピルの服用も考えた方がいいかもしれません」とのこと。

 

また、「子宮頸がんの検査も受けてないので、やっておきましょうか」と言われ、ついでに受けることにしました。

 

「ついで」の子宮頸がんの検査結果でわかったのは…

後日、子宮頚がんの検査結果が出たとのことで、再度、産婦人科へ。

 

結果は「軽度異形成」でした。

 

医師からは「生理痛がひどいのも、そのせいかもしれませんね。軽度異形成という状態は、現状では治療をする段階ではありません。でも、経過観察が必要です。これが進行してしまうと、手術をしたり、最悪子宮全摘になったりすることも考えられるので」との説明があり、私は不安でたまらなくなりました。


あのときの受診がなかったら…

当時付き合っていた彼にも、このことを伝えなければなりません。

彼は大の子ども好き。そんな彼に私は「将来、私は子どもを産めないかもしれない」と、号泣しながら伝えました。

 

しかし、そんな私を彼は受け入れてくれたのです。そして、がん検診を半年に1回に受けながら、23歳で結婚。翌年24才で無事に妊娠・出産し、子どもを授かることができました!

 

 

現在私は25才。現在も半年おきくらいに子宮頸がん検査を続けており、現在は中度異形成。今月がん検診を受けて、結果に変わりがなければ、細胞をとって、さらにこまかい検査をしたほうがいいかもしれない、と言われています。

 

もしあのとき産婦人科に相談に行かなかったら、子宮頸がん検診を受けなかったら、病気の進行に気づかないままだったら、子宮全摘となっていたら……。

 

当時若かった私は、産婦人科に行くのが嫌で嫌で仕方ありませんでしたが、あのときの受診がなかったら、子どもに会えていなかったかもしれないと思うとぞっとします。本当にあのとき、病院で検査をしてよかったと思っています。

 

 

監修/助産師REIKO

-----

文/kaedeさん


この記事にいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

1126
木曜日

今日のほのぼの星座占い

おとめ座

1位 おとめ座

てんびん座

2位 てんびん座

いて座

3位 いて座

あなたの星座は何位? 占い結果を見る

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。