ママ友や夫の言動が気になってしかたがない! 今話題の「HSP」かも?

カテゴリー│暮らし  付き合い方 
2020/10/30 22:25
3

HSPのイメージ

 

最近、田村淳さんや最上もがさんが公表し、『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本』などで注目を集めるようになったHSP。HSPとは、いったい何なのでしょうか? 日々生きづらさを感じているとしたら、もしかしたら、HSPなのかもしれません。

 

続きを読む

病気ではないHSP

HSPとは、Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略で、“非常に敏感な人”や“繊細な気質をもった人”という意味です。心理学者のエレイン・アーロン博士によって提唱されました。周囲の状況や人の表情、言動の変化を察知しやすく、ストレスを感じやすい傾向にあります。HSPはあくまでも“気質”であり、病気ではないとされています。

 

HSPの特徴

もし日々、
・ママ友や夫と会話をした後、なぜだかどっと疲れが出てしまう
・言われたことや話をしていたときのママ友や夫の表情がいつまでも気になってしかたがない
・他人はあまり気にしていないようなのに自分ばかりがいつも人より心配し過ぎている感がある

ということがあればHSPの傾向があるかもしれません。

 

HSPの人は、他人の言動に傷つきやすかったり、言われたことが頭から離れなくなってしまったりすることが多くあります。また、自己肯定感が低い、騒音や光が苦手という気質も特徴としてあげられています。
HSPの特徴をみると、内向的な性格な人にありがちな傾向にもみえますが、外向的な性格の人でももちうる気質とされています。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)