マンガ 体験談 マンガ

小さな体にたくさんの管…産後初めて見た娘を見て思ったことは…!#7

19

ベビーカレンダー編集部がおすすめの「妊娠・出産・育児マンガ」をご紹介♪今回は、Instagramでフォロワー1.2万人超えのちょこ(@_choo_co)さん。出産体験談をご紹介していきます。

 

NICUに連れていかれてしまった赤ちゃんの病状を説明され、ショックを受けるちょこさんご夫婦でしたが、しばらくすれば退院できると聞き、ひと安心します。

 

妊娠することの奇跡。

 

正期産を迎えられる奇跡。
 

生まれた我が子を抱ける奇跡。
 

母子ともに退院出来る奇跡。

妊娠、出産がどれだけの奇跡の連続か。

あのときの喜びや大変さは、どうしても日々の育児、家事、仕事に追われる毎日で忘れてしまうことですが、この漫画を通じてまた少しあの時の気持ちが蘇ればなと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


 

たくさんの管やテープをつけられ、痛々しい赤ちゃんの姿に言葉も出なかったちょこさん。

 

赤ちゃんは命がけでちょこさんに会いにきてくれたのですね!

 

 

ちょこさんのマンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ちょこ(@_choo_co)がシェアした投稿 -


監修/助産師REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。