暮らし 体験談 生理

うそっ!電車内で漏れていた?おしりが真っ赤でパニックに!【体験談】

102

おしりが真っ赤でパニックに!

 

私が20歳、大学生だったころに経験した経血漏れの恥ずかしいエピソードです。

 

続きを読む

こまめに替えていれば大丈夫だと思っていた

当時の私は、生理症状こそ軽かったものの、経血量は多めで、経血がショーツに漏れてしまうこともしばしばありました。それにも関わらず、生理2日目のある日、私は淡い色のワンピースを着て、大学へ行きました。

 

ナプキンはこまめに交換していたつもりだったので、そのときの私は、経血漏れについてあまり心配をしていなかったのです。その日も講義が終わり、帰路に着く前にも、ナプキンを替えていました。

 

母のひと言に衝撃! 軽くパニックに…

ところが、家に帰った私の後ろ姿を見た母が、驚いた様子で一言。

 

「ちょっと! そのおしりのシミは何!? もしかして、あなた今、生理?!」

 

電車で片道1時間ほどの通学をしていた私は、母の声を聞いて血の気がサーっと引きました。慌てて鏡で確認してみると……、母の言った通り、おしりのあたりに拳くらいの赤いシミがベッタリ! あんなに大きなシミが付いていたのに、どうして気づかなかったのか、自分でも不思議でした。

 

いつから付いてたんだろう? もしかして、帰り道、電車内でもずっとこの状態でいたの…? 大学を出る前にナプキン替えたのに、どうして!? 私は頭の中でそんなことをぐるぐると考え、軽くパニックになりました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。