またやっちゃった…。苦悩!産後PMSも生理痛がなくなって…【体験談】

2020/11/06 22:25
1
年齢を重ねたり、出産を経験すると、生理事情が変わることも。この体験談の女性も、それを強く実感した一人のようです。しかし、彼女の場合は、変わったことで逆に困ることが出てきてしまったようで……。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
体験談
生理

 

30代前半までは重い生理痛と、多めの経血、そしてPMSに悩まされていた私。でも、出産で、そんな私の生理がすごく変化しました。でも、それによって、新たに困ったことが出てきてしまったのです……。

 

続きを読む

生理痛も重め、経血量も多め。PMSとも診断されて…

30代前半で第1子を出産するまで、とにかく毎回の生理が重かった私。 経血量も痛みも半端なく、仕事を休んで寝込むこともしばしば。27歳のころには婦人科でPMS(月経前症候群)と診断され、通院もしていました。

 

私の場合、PMS症状がわかりやすく、症状の重さで生理が来る日が9割方把握できるほど。 そのためいつも、ナプキンや痛み止などの受け入れ準備は万端! 「予想外に始まっちゃった~」ということは、ほぼありませんでした。

 

第1子を出産後、生理の様子が変わった! でも困った!

その後、第1子を出産。産後1年ほどで生理が再開したのですが、あんなにひどかった生理痛が、薬が不要なくらいの軽さになり、PMSもほぼなくなりました!

 

ただ、体はラクになったのですが、私の場合は困ったこともあったのです。

 

それは、PMSがなくなった分、いつ生理が始まるのかがまったくわからなくなったということ。そのため、「いきなり生理が始まった! だけどナプキンがない!」と薬局に駆け込んだり、はたまた「そろそろ来るかも……?」と思って、無駄に週間ナプキンをつけてみたり。

 

生理痛やPMSはなくなったものの、経血量の多さは妊娠前と変わらずだったので、これには困ってしまいました。


第2子出産でさらに変化。大惨事が起こることもしばしば

その後、第2子を出産すると、さらに生理痛が軽くなり、PMSは消え去りました。それでも経血量は変わらず、多いまま。なかなか、生理のタイミングをつかむことができないために、子どものお世話や寝かしつけでナプキンを交換するタイミングを逃して、大惨事になることもしばしば……。

 

今では生理が始まると、はじめの3日間は、昼夜を問わず「多い夜でも安心!」レベルのナプキンを愛用しています。

 

 

以前から、生理は、年齢や出産で変わるよと聞いていましたが、まさかこんなに変わるとは思いませんでした。私も、あんなに重い生理に悩まされていたのに、年を重ねたり、出産を経験することで変わっていきました。この先、閉経するその時まで、変化する「生理」と折り合いをつけつつ、自分の一部としてうまく付き合っていきたいと思っています。

 

 

監修/助産師REIKO

---------

文/ほりえあみさん


この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

126
日曜日

今日のほのぼの星座占い

さそり座

1位 さそり座

うお座

2位 うお座

かに座

3位 かに座

あなたの星座は何位? 占い結果を見る

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。