たまたま見た登園時のとある光景…育児を頑張るすべてのママに5億円を!

2020/12/08 09:25
12
ベビーカレンダー編集部がおすすめの「育児マンガ」をご紹介♪ 今回は、5歳のムーコちゃんと1歳のナナオ君のママ、ちくまサラさん(Instagram@chikuma_sara)の育児エピソードをお届けします。
カテゴリ│
マンガ
中カテゴリ:
マンガ

ちくまサラさんは、5歳のムーコちゃんと1歳のナナオ君のママです。今回は保育園で見たとある場面についてのエピソードをお届けします。

 

ある日、ムーコちゃんを保育園に送り届けたものの、忘れ物をしたことに気付いたママ。そこでいったん家に戻り、再び保育園へと向かいます。すると、普段は見ないある光景を目にすることに。それは一体……!?

 

忘れ物1

忘れ物2

忘れ物3

忘れ物4

忘れ物5

忘れ物6

忘れ物7

忘れ物8

 

印象的だったのが、みんな意外と大きめの子だった……ということなんですけど、よく考えたら2歳以下くらいだと体が小さいから抱いて渡せるんですよね。

 

大きくなると無理やりってわけにいかなくなるので、自分から行ってもらうしかない。

ムーコは、いきなり登園拒否になったことが過去に2回くらいあるんですけど、この光景を見るまで、そんな事があったことすら忘れていました。

 

思い出すとあのときはつらかった……。
朝になると泣き叫んで私から離れないムーコ。
先生も心配して電話くれたり、園まで行けた日は目に涙をためて「よく来てくれたね!」と出迎えてくれて…ありがたかったなあ……。

 

もうこれ本当に反省しないといけないんですけど、日々忙しかったり、色々悩んでいると、つい自分ばっかりつらくて大変なような気持ちになってしまうんですよね。
特に育児に関しては、上手くいかないと「他の子はできてるのにどうして?」みたいな事をすぐ考えてしまうんです。

 

でも、園が始まるギリギリの時間まで頑張っている何組かの親子を見て、色んな子がいて、どの家庭でも何かしら大変なことはあるし、みんな頑張ってるんだと、改めて気づかされました。

 

親御さんたちの、笑顔ではげましてた姿が本当に私の心にきました…。
 

私にも何かお手伝いできないかな?とも思ったんですが、知らないおばさんが声をかけたことによって恥ずかしくなってなおさら心が引っ込んでしまう……な場合もあるかもしれないと思い、すれ違いざまに無難に「おはようございます」という挨拶だけにとどめました。

 

世の中の頑張っている人達みんなに5億円配られますように……。
できれば10億……。

 


 

ちくまサラさんのマンガは、このほかにもInstagramやブログで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!

 


この記事にいいね!しよう

いいね!
12

現在ログインしていません。

マンガの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。