ママネタ 育児 育児の悩み 体験談 育児あるある 保活 保育園・幼稚園

「驚いたけど」子どもの主体性を育むことができた幼稚園とは…

6

幼稚園のイメージ

 

わが子にとって大切な幼稚園選び。何を優先すれば良いのか迷っていましたが、1つの幼稚園の説明会で聞いた言葉に、とても大切なことに気づかされました。わが家の幼稚園選びから、園でのエピソードをお伝えします。

 

続きを読む

幼稚園難民!?

娘が2歳の秋、今の家に引っ越してきました。まだ土地勘もないときに初めて行った児童館で、知らないママさんたちの会話が耳に入ってきたのですが、この辺りは下手すると幼稚園難民になるという内容でした。

 

そんな矢先運動会シーズンになったので、まだ先のこととは思いながらも、幼稚園選びの参考に近所にあるいくつかの幼稚園の運動会にお邪魔してみました。すると、園によって園児の違いは感じないものの、先生方やお母さん方の雰囲気に違いがあるのを感じたのを覚えています。

 

幼稚園選びの決め手

わが家から通えるエリアにはいくつかの幼稚園があります。園バスがあり習い事も豊富でママに人気の幼稚園A、一斉保育でお行儀が良いと噂の幼稚園B、給食がありこども園に認定されたばかりの園C、そしてバスも習い事も給食もないけれど、泥んこのびのび幼稚園として人気の幼稚園D。

 

どこの幼稚園もそれぞれ良さそうに感じられてとても迷ったのですが、幼稚園Dの説明会で印象に残ったワードがあります。それは、「自分たちで考えて行動させる」というものでした。その結果、もともと娘に過干渉気味かもしれないと思っていたので、あえて、主体性を育めそうな幼稚園Dに応募することにしました。

 

晴れて入園したものの⋯

希望した幼稚園は人気の園なので抽選になりましたが、運良く当たりを引くことができ、晴れてご縁をいただくことができました。そして始まった幼稚園生活。娘はもともとおとなしくて自己主張が苦手なタイプです。お友だちに言いたいことが言えず、度々悲しい思いをすることがあったようですが、そんなときは必ず先生方が気付いてくださり当人同士でとことん話し合いをさせてくれました。

 

そんな娘の園での目標は、「言いたいことをちゃんと言えるようになる」というもので、私ははじめそれにとても驚いたのです。なぜなら私は自己主張はほどほどに、お友だちとうまく合わせていけるのがいいことだと思っていたからです。でもそれは、大人に都合の良い子どもにしようとしていたのだと気づくことができました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

ママネタの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。