記事サムネイル画像

おっぱいに痛みやしこり!家でできる乳腺炎の対処法5つ

 

授乳をしていると、おっぱいトラブルに悩まされることもしばしば。おっぱいが腫れたり、しこりができて痛んだり……。そんな乳腺炎の症状がでたときには何をすればいいのでしょう?

 

1)赤ちゃんに吸ってもらう

解決法としてはこれが一番!しこりができているほうの胸から授乳するようにします。いつも同じ体勢で授乳をしている人は、横抱きや縦抱きなど角度や姿勢を変えてみてください。普段からいろいろな方向から吸わせると、すべての乳腺の通りがよくなり、詰まりにくくなります。

 

2)葛根湯を飲む

葛根湯といえば、風邪のひき始めに飲むことでおなじみ。それがなぜ乳腺炎にいいのかというと、葛根湯には体を温めて血流をよくする効果があるため、母乳の詰まりを改善してくれると言われています。ただ、おっぱいがガチガチに固くなって、高熱が出てしまうと効きにくいので、乳腺炎の疑わしい症状が出たら早めに飲みましょう。

 

※授乳中に薬を服用する場合は、医師に処方してもらうか、薬剤師のいる薬局で相談してからにしましょう。

 

3)患部を冷やす

おっぱいが腫れて熱を持っている場合は、冷やすと一時的に楽になります。ただ、氷や保冷剤などで冷やしすぎるのは乳腺によくないので、“じゃがいもの湿布”がおすすめ。じゃがいもをおろし器ですりおろし、汁気を切ったあと酢と小麦粉を入れ、耳たぶくらいの硬さにし、痛みがある部分にあてます。また、キャベツの葉を1枚ちぎっておっぱいに張るのも効果的。冷蔵庫の中にあるもので試してみましょう。

 

4)入浴はしない

炎症を起こしているときは、入浴は控えたほうがベター。温めることで症状が悪化してしまいます。入浴はシャワーにして短時間で終えるようにします。

 

5)食事を見直してみる

おっぱいトラブルを起こさないためには、食事を見直すことも大事です。とはいえ、高カロリーなものを食べても乳腺炎にならない人もいれば、食べ物に気をつけてもすぐに詰まってしまう人もいたり、揚げ物は平気だけど乳製品を食べると詰まるという人もいます。乳腺炎を繰り返してしまう人は、なにを食べると詰まりやすいのか検証してみるのもいいですね。

 

 

家でできる対処法を紹介しました。これらを試してみても改善されないときは、早めに母乳外来などを受診してみてくださいね。(TEXT:妹尾香雪)

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎