「古風な名前」が人気の時代に!女の子「濁音ネーム」ランキング<2020>

2021/01/11 09:25
9
ベビーカレンダーは、2020年1月から10月生まれた79,425名の女の子を対象に『2020年の名づけトレンド』を大調査!2020年生まれの女の子に人気の「濁音ネーム」ランキングTOP10をご紹介いたします。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
名づけ

 

ベビーカレンダーは、2020年生まれの女の子79,425名を対象に『2020年の名づけトレンド』を大調査! 2020年よみランキングTOP100にランクインしたした、よみに濁音がつく「濁音ネーム」TOP10をご紹介いたします。

 

続きを読む

1位 つむぎ

2019年のよみランキング10位から、2020年は5位へとランクアップした「つむぎ」。2020年名前ランキングでは2位に「紬」、33位に「紬希」、72位に「つむぎ」がランクインしています。

 

「紬」は年間を通じて人気のある名前で、丈夫な絹織物を意味します。「芯の強い子に育ちますように」「丈夫な縁や絆で結ばれますように」という親の願いがこめて名づけてもいいですね。

 

2位 ゆづき

2019年のよみランキング24位、2020年は23位へとランクアップした「ゆづき」。2020年名前ランキングでは4位に「結月」、52位に「柚月」がランクインしました。

 

夜空に美しく輝く月を連想させる「結月」は年間を通じて人気のある名前です。「柚月」に用いられている「柚」は、冬至に柚子湯に入る風習があることから、特に冬生まれの女の子に人気が高まる名前の一つです。

 

3位 ゆずは

2019年のよみランキング64位から、2020年は43位へとランクアップした「ゆずは」。2020年の年間ランキングでは24位に「柚葉」が、91位に「柚花」が、100位に「柚羽」がランクインしています。「柚」は2020年漢字ランキング28位にランクインしており、そのイメージの通り冬らしく爽やかな印象を受けるようです。

 

4位 ゆずき

2019年、2020年と2年連続よみランキング50位にランクインしている「ゆずき」。2020年名前ランキングでは39位に「柚希」が、52位に「柚月」がランクインしました。「柚希」は希望に満ちたイメージのある「希」を組み合わせた名前で、やさしさと元気の良さを兼ね備えているようです。「柚月」のように、「月」を用いた名前は近年大変人気です。

 

5位 すず

2019年のよみランキング69位から、2020年は60位へとランクアップした「すず」。2020年名前ランキングでは49位に「鈴」、58位に「すず」がランクイン。特に「すず」は2019年の年間ランキング97位から大きくランクアップしており、近年注目の名前です。同名で活躍されている人気女優の広瀬すずさんを思い浮かべる方も多いかもしれませんね。

 

6位 なぎさ

2019年のよみランキング60位、2020年は63位にランクインした「なぎさ」。2020年名前ランキングでは27位に「凪」がランクイン。「凪」は、風が止み波が穏やかになる状態のことを指す漢字です。海と風が一体となり、壮大でありながらも穏やかでやさしい風景を連想するようです。


7位 なぎ

2019年のよみランキグTOP100位圏外から、2020年は61位へと大きくランクアップした「なぎ」。上記6位の「なぎさ」同様、名前では「凪」が多く名づけられていました。

 

「凪」は男の子の2020年名前ランキングでも24位にランクイン。大人気アニメ『鬼滅の刃』の人気キャラクター「冨岡義勇」が使う技の名前でもあり、2020年に増加した「鬼滅ネーム」の一つです。

 

8位 ゆず

2019年のよみランキグTOP100位圏外から、2020年は81位へとランクアップした「ゆず」。本ランキング2位の「ゆづき」、3位の「ゆずは」、4位の「ゆずき」に続き、「柚」を連想させる名前が4つもランクインしていました。

 

さわやかで、美しい黄色を連想させる「柚」から、パッと周囲を明るくするような女の子らしいイメージを受けるようですね。

 

9位 しずく

2019年のよみランキング100位圏外から、2020年は86位へとランクアップした「しずく」。2019年の名前ランキングでは83位だった「雫」が、2020年は65位へと大きくランクアップしていました。葉っぱから滴りおちる大きな雨粒を連想させるような、みずみずしい印象を受ける名前です。

 

10位 かえで

2019年のよみランキグ66位、2020年は91位にランクインした「かえで」。2020年名前ランキングでは21位に「楓」がランクインしています。男の子の名前ランキングでも38位にランクインしていました。「楓」は秋に美しい紅葉を見せてくれる「もみじ」を連想させる名前で、特に秋ごろから冬にかけて人気が高まる傾向があります。

 

 

女の子の「濁音ネーム」は響きが古風で和風な印象のある「レトロネーム」が多いようです。「キラキラネーム」とよばれた難読名づけの多かった時代を経て、現在はちょっぴりレトロで古風なイメージの名前こそ新トレンドといえそうです。


<調査概要>
調査対象:株式会社ベビーカレンダーが企画・運営している「ファーストプレゼント」「おぎゃー写真館」「ベビーカレンダー全員プレゼント」のサービスを利用された方
調査期間:2020年1月1日(水)~2020年10月1日(木)
調査件数:79,425件(女の子)

 

文/福島絵梨子


この記事にいいね!しよう

いいね!
9

現在ログインしていません。

名前ランキング検索

ベビーカレンダーが独自で調査・集計した2017年以降に生まれた赤ちゃんの名前データの中から、知りたい名前の順位、よみの順位を見ることができます。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード