医療 体験談 相談 妊娠 出産 陣痛 妊婦健診(妊婦健康診査) 無痛分娩・和痛分娩

「え、もう!?」入院予定日の前々日に陣痛が…!無痛分娩希望だった私の出産体験談

0

出産のイメージ

 

初めての出産、私は無痛分娩を選びました。出産予定日7日前の妊婦健診で、子宮口はまだ「指1本分」しか開いておらず、出産予定日前日に入院して処置をしてもらうことが決まりました。しかし出産予定日3日前の外出帰りに痛みが。痛みはどんどん増して、そのまま入院。陣痛の痛みを感じつつも麻酔の力を借りて無事に出産できた体験談です。

 

続きを読む

出産予定日7日前に妊婦健診

出産予定日7日前に妊婦健診を受診しました。前回の健診で子宮口が全然開いていないと先生から言われていて、この日も「やっと指1本分くらい、開いたかな!」と言われました。そして先生から「無痛分娩の予定だから、出産予定日の3~1日前で入院して処置して経過をみて、ぜんぜんお産が進まないようならいったん帰宅して様子をみましょう」と提案が。

 

まだ生まれる気配がないことから出産予定日の前日に入院して、それまでにたくさん動くように指示を受けました。入院までに少しでも自然に子宮口が開いてほしいと思い、マタニティヨガに行ったり、夫と出かけたりと歩くことを心がけたのです。すると前駆陣痛のような痛みを感じることが出てきました。

 

外出先からの帰宅中に陣痛が

入院予定日の前々日に夫と外出していたとき、またおなかの痛みを感じました。帰宅して陣痛アプリを起動すると、おなかの張りが10分を切るタイミングもあり産院に電話をしました。すると入院の準備をしてすぐに来るようにとの指示で、夫と陣痛タクシーを呼び産院へ。産院に到着すると、おなかの張りと胎児心拍を見るモニターを開始。しかしモニターを付けると陣痛の間隔が空いているのを自分でも感じました。

 

「10分間隔で来てたんですけど、すみません」と謝る私に、「先生にも診てもらうけど、今日は帰ってもらうことになるかも。そういう人もたくさんいるから大丈夫よ!」と助産師さんは明るく答えてくれました。しかし先生に診てもらうと「子宮口が6cm開いているからこのまま入院しましょう」と、まさかの言葉が。そのまま入院決定です。

 

翌日の早朝に事態が急変

19時ごろに陣痛室に通され、様子をみると伝えられました。陣痛の間隔が縮まって、おなかの痛みは続きます。そして入院から1時間ほどで、無痛分娩の麻酔を投与してもらうことに。思っていたより早いタイミングで驚くと同時に、お産が近いことを実感しました。しかし麻酔を投与後は陣痛が5分以上縮まることはなく、子宮口も8cmのまま変化はなし。

 

朝まで変化がなければ、陣痛促進剤を打って出産するということなりました。しかし早朝、激しい腹痛に襲われました。今まで感じたことのない痛みで、これは麻酔が切れてしまったのでは……!と助産師さんを呼んで診てもらうと、「子宮口、全開です! 分娩室に移動します!」と私も助産師さんも大慌ての状況に。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

医療の人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。