暮らし ファッション 工夫 安全対策

どう乗り切る?!ベビーちゃんの真夏の過ごし方

3

 

こんにちは。日本コミュニケーション育児協会の珠里です。暑い夏がやってきましたね~!ベビーちゃんとの夏の過ごし方「いったいどうしたらいいんだろう?」と、気温が高く日差しが強い夏は気になることがいっぱいですよね。そこで今回はベビーちゃんの真夏の過ごし方について、少しお話しさせていただきますね。

 

続きを読む

お散歩はどうしたらいいの?

夏の暑い時期のお出かけは昼間の“11時~15時ごろ”は避け、早朝もしくは夕方の涼しい時間帯に行うのがおすすめです。

 

夏場はアスファルトからの照り返しが60℃近くともいわれています。熱くなったアスファルトはなかなか冷めないので、夕方のお散歩でも注意してあげてくださいね。そんな時には抱っこ紐などを利用するのもおすすめです。また猛暑日のお散歩は控えた方が良いでしょう。

 

お洋服はどうしたらいいの?

ベビーちゃんに着せるものなので、肌触りがよく薄手のものがいいでしょう。また外出時は紫外線が気になるので露出の少ないものがおすすめです。

 

とはいっても紫外線を気にしすぎて、着せすぎるのは熱がこもってしまい、熱中症になりかねないので注意してくださいね。帽子を被せてあげること、冷房対策用に薄手の上着を持ち歩くことも忘れずに。

 

水分補給を心がけましょう

ベビーちゃんは汗っかきですので、脱水症状を起こしやすく、熱中症にもなりやすいので、こまめな水分補給を忘れないようにしましょうね。

 

それは室内でも同じです。また外出時は、小さな保冷材も一緒に持ち歩き、ガーゼなどに包み、時折首の後ろやおでこを冷やしてあげるといいでしょう。

 

お肌は清潔サラサラを心がけましょう

汗っかきなベビーちゃんは、あせもやかぶれなどの肌のトラブルにも気をつけてあげてくださいね。汗をかいたらシャワーを浴びる、こまめに着替えさせる、蒸れやすいおむつはこまめに交換するなど、肌を清潔に、そしてサラサラな状態を保つように心がけましょう。

 

また冷房などで乾燥しやすくなっているうえ、シャワーを浴びることが増えるので保湿はしっかりと行ってくださいね。

 

 

赤ちゃんにとって初めての夏を安全に、そしてたのしく過ごせるようにしましょうね。


著者:日本コミュニケーション育児協会 珠里友子

日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • そもそもベビーちゃんって表現に違和感
  • 他の方と同様、「ベビーちゃん」とかいう表現に違和感を覚えます。記事の内容が全然頭に入ってきません。ふざけてんのかと思いました(笑)
  • こういう記事でベビーちゃんって書かれるの違和感

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。