も〜我慢できない!人に言えないデリケートゾーンのかゆみ、まさかの原因に驚愕…!

デリケートゾーンのかゆみやかぶれ、ポリポリ掻くわけにもいかないし、人にも相談しづらくて密かに悩んでいる女性は割と多くいます。実はこれ、生理用ナプキンが原因ということがあるそうです。この記事では、産婦人科の医師にかゆみが起きた時の対処法と正しいナプキンの使用方法について聞いてみました。

この記事の監修者

医師上原萌美 先生
産婦人科 | よしかた産婦人科

日本産婦人科学会専門医。横浜市立大学産婦人科入局後、 神奈川県内の病院にて勤務し、現在、よしかた産婦人科・よしかた産婦人科分院綱島女性クリニック勤務。

デリケートゾーンのかゆみの原因

 

デリケートゾーンのかゆみやかぶれ、ポリポリ掻くわけにもいかないし、人にも相談しづらくて密かに悩んでいる女性は割と多くいます。実はこれ、生理用ナプキンが原因ということがあるそうです。この記事では、産婦人科の医師にかゆみが起きた時の対処法と正しいナプキンの使用方法について聞いてみました。かぶれは悪化すると辛いので、我慢しないでくださいね! 

 

 

答えてくれたのは……
よしかた産婦人科 上原萌美先生

日本産婦人科学会専門医。横浜市立大学産婦人科入局後、神奈川県内の病院にて勤務し、現在、よしかた産婦人科・よしかた産婦人科分院綱島女性クリニック勤務。
 

続きを読む

お股がかゆい!もしかして病気?

「生理中や生理後のデリケートゾーンのかゆみは、ナプキンによるかぶれが原因になっていることが多くあります。
ナプキンに吸収された経血で皮膚がムレて、そこに刺激が加わったり雑菌が増えることでかぶれやかゆみが起きます。

ほかの原因として、カンジダなどの感染症もあります。カンジダはカッテージチーズのような白いおりものが出ることが多いですが、そうでない場合もあり判断は難しいので、かゆみが続く場合は受診しましょう」

 

お股のかゆみが起きた時の対処法は?

「家庭でできる対処法としては、以下があります。


・ムレないようにする
綿のショーツにしたり、ストッキングやタイツの使用を控えたりすると良いでしょう。
・お股の皮膚は温水で優しく洗う
角質が薄い部分なので、刺激の強い石鹸でゴシゴシこすったりすると、皮膚が傷ついてかぶれやすくなります。
ちなみに、膣の中まで洗うのはNGです。雑菌の侵入を防いでいる常在菌まで流してしまい感染がおこりやすくなります。洗うのは皮膚だけにしましょう。
・皮膚への刺激を減らす
ナプキンやおりものシートの使用は短期間にしましょう。肌に優しい素材のものに変えてみてもいいかもしれません。
・ナプキンはこまめに交換する
出血が多いときは1~3時間おき(トイレにいくたび)、出血が少ないときも1日2~3回は替えましょう」

 

病院で診てもらう場合は産婦人科?皮膚科? 

「産婦人科でも皮膚科でもよいですが、迷ったらまずは産婦人科がよいでしょう。
かぶれの場合、かゆみ止めやステロイドの塗り薬で治療します。

先ほども言ったように、かゆみが続いて改善しない場合は感染症や他の病気の可能性も考えられますので、我慢せずに病院を受診しましょう」

 

 

以上、デリケートゾーンのかゆみの原因と対処法についてのお話でした。
こまめにナプキンを取り替えているつもりでも起きてしまいやすいお股のかぶれ。洗い方やナプキンの素材などを見直すことでも改善が見込めるそうなので、一度対策してみてはいかがでしょうか。
また、かゆみが続く場合は病気の可能性もあるそうなので、不安に感じたり変だと思ったら産婦人科を受診してみましょう!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    ママトピの新着記事

  • PICKUP