「まさか無痛分娩?ラクして産もうとするなんて!」親戚に産院を伝えたら勝手に失望されてしまい…

現在第2子妊娠中、3歳になる長女を育てています。第2子の妊娠も安定期に入ったころ、出産を予定している産婦人科を親戚に教えたところ、予想外に冷たい反応が返ってきました。その理由は私が通う産婦人科の特徴によるものでした……。

続きを読む
「ラクして産もうとするなんて!」親戚に産院を伝えたら勝手に失望されてしまい…
 

「ラクして産もうとするなんて!」親戚に産院を伝えたら勝手に失望されてしまい…

 

親戚に第2子妊娠を報告

第2子を妊娠してから、義実家に夫と長女と一緒に遊びに行ったときに、ちょうど近くに住む親戚夫婦が訪問してきたことがありました。私自身は何度かお話をしたことがある程度に知っていて、夫は昔からお世話になっている親戚夫婦です。

 

このころ私はすでに安定期に入っており、おなかも大きくなってきていたので「2人目が生まれるんです」という報告をしました。このときは「それはおめでとう」と喜んでくれました。

 

産院を聞いた親戚の白い目

会話の流れで奥さんから「どこで産むの?」と聞かれ「○○産婦人科です」と答えました。その瞬間に奥さんのニコニコした表情が消えたので、少し怖くなりました。奥さんは、「○○産婦人科? まさか無痛分娩するの?」と続けます。確かにこの○○産婦人科は無痛分娩を推奨していることで有名な産婦人科です。

 

けれども私がその産婦人科を選んだのは、単に家から近いから。無痛分娩をするかしないかは実際に分娩が始まってから決められるようになっていて、どんなお産になるかわからない以上、まだ「する」とも「しない」とも言えませんでした。そのため「まだどちらになるかわからないです」と答えました。

 

話も聞かず冷たい言葉

しかし奥さんは嫌な顔をして「ねえ△△さん(義母)、無痛分娩をするなんて母親としてどうなの? 大丈夫なの? あなたから何か言ってあげて」と言葉を続けます。心の中で「いや、なんで決めつけるの? それに、無痛分娩だっていいじゃない……」と思いながらも言い返せずにいました。奥さんは「嫌だわ、本当にラクして産もうとするなんて。信じられない。私は陣痛に2日間耐えて産んだのよ」とのこと。

 

お祝いムードは一転、嫌な雰囲気になったことで夫が「帰ろう」と言ってくれて、私たちは適当な理由をつけて帰宅しました。義母からは直後に「悪気はないのよ」とのメッセージが送られてきて、夫も「他人の言うことなんか聞かなくていい」と言ってくれました。

 

 

悪気はなかったにしろ、あまり知らない人に思いも寄らない言葉を向けられてとてもショックを受けました。普段穏やかな奥さんの口調が変わるほど、無痛分娩に対して悪いイメージを持っている人もいるのだなと驚いた体験談でした。

 

 


著者:水田 真理

アレルギー持ちな娘の母で元理科の塾講師。子育てはできるだけ家にあるもので、娘と楽しめるように日々創意工夫を実践。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターうちここ

    年子男児を育てる2児の母。家族で過ごす日常や思い出をInstagram(@uchikoko20)やブログ「うちここ日記」で描いてます。

    同じ著者の連載

    • 通報
      じゃあ、これから手術する時は麻酔なしでお願いしますね。 
      +13 -0
    • 通報
      自分が辛かったからって他人にも辛さを共有させようとする人って一定数いるよね。そういう人には電車も車もスマホも使わないで欲しい、だって昔はなくて大変だったからさ
      +282 -4

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP