マンガ 体験談 マンガ YUDAI9℃ 奥さんと子どもに好かれたい

「まさか、こんなことになるとは…」息子に大ハマりと思ったら問題発生!

16

連載 奥さんと子どもに好かれたい

パパイラストレーターのYUDAI9℃(ユウダイクド)と申します。とにかく奥さんと子どもに好かれたいと日々頑張る僕が、妊娠判明から育児に奮闘する様子を描いた連載マンガ「奥さんと子どもに好かれたい」の第101話。

 

今回は、息子のために考案したとっておきのものにより、まさかの問題が発生してしまったエピソード。どんな問題が起こったかというと……。


 

とっておきのギャグが思わぬ結果に……。

 

YUDAI9℃101-1

YUDAI9℃101-2

YUDAI9℃101-3

YUDAI9℃101-4

 

もうすぐ4歳の息子は「おなら」が大好き。

 

ある日、僕はギャグを息子に用意しました。
それは“鼻スイッチ”を押すと、おならが出るというとてもレベルの低いもの。

 

急に自分の鼻を押せという父親に対し、はじめは困惑する息子でしたが、下品なピタゴラスイッチが発動した途端、大爆笑。

 

幼稚なギャグは見事に大ハマりしたのです!

 

しかし、問題はそのあと起きました。

 

父のギャグを気に入った息子は、おならを出し切った僕に「もう1回鼻を押させろ」と目をキラキラ輝かせ何度も催促してくるのです。

 

さすがに何回も連続で出せる体の作りにはなっておりません。
思うようにスイッチが作動しない父親に対し、息子は泣きながら「もっと押したい、なんで出ないんだ」と訴えてきました。

 

それ以来、僕はおならをしたくなるたびに、息子に声をかけ鼻を押させています。

 

連載 奥さんと子どもに好かれたい

前の話を読む 100話

「息子よ、厄介なものを見つけたな…」父親としてのプライドが傷ついた

次の話を読む 102話

「え?そうだったのか…!?」息子が絵本を好きな理由に思わずw

最初から読む 1話

結婚2年目、妊娠判明!「いい旦那になりたい…」頑張ってみたものの… #1

著者

イラストレーター YUDAI9℃


2017年6月4日生まれの男の子を子育て中のパパイラストレーター。奥さんと子どもにどうにかして好かれたい一心で、毎日生きている。普段はこぶたのキャラクター「ポトフスキー」を描いている。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。