病気が判明して初めて知った!「生理中の体調不良はガマンしなくていい」

2021/03/19 21:25
7
生理中に起こる体調不良、「いつものこと」「当たり前」と思っていませんか。今回の女性も、生理中につらくなるのは当たり前のことだと思い込み、こらえていたそう。でも、我慢せず、つらいときは声を上げていいと気づいたそうです。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
体験談
生理

病気が判明して初めて知った!「生理中の体調不良はガマンしなくていい」

 

私は、これまで「生理中に頭痛や腹痛は伴うもの」「つらくても耐えるしかないもの」と思ってきました。でも、職場の女性上司に生理中の不調についてポロっとこぼしたら、「今まで思い込んできたことは当たり前ではない」と今更ながらに気づいたのです。

 

続きを読む

「生理中の頭痛や腹痛は当たり前」と思っていた高校時代

中学1年で初潮を迎え、高校生のときから生理不順だった私。月に2回生理がきたり、生理の前に体調を悪くしたり。生理中も頭痛や腹痛がありました。でも、私にはそれが当たり前と思っていたのです。なぜなら、友だちと生理の話なんてしなかったし、他人の生理事情を知ることもなかったから……。

 

高校生のときに一度、生理痛や生理不順に悩む私を、母が病院に連れて行ってくれました。医師は、私の基礎体温表を見ながら「体ができていないから仕方ないね。でも、ちゃんと排卵はしているよ」と言い、特に治療も必要なしという診断。そのため、私はホッとして、ますますこんな状態が「普通のこと」だと思っていました。

 

職場の女性上司が受診を後押し

20代前半になっても、生理による体調不良が改善することはなく、むしろ悪化しているような気さえしていた矢先のことです。

 

勤めていた職場の女性上司と、ちらっと生理の話をする機会がありました。すると、私の話を聞いた上司は「もう一度、ちゃんと病院に行ったほうがいいよ」と言い、おすすめの病院まで教えてくれました。

 

上司がそんなにすすめるなら……と、さっそく病院へ行ってみることにしました。


低用量ピルにはネガティブイメージがあって…

おすすめされた病院で診察を受けると、なんと「子宮内膜症」との診断!! 医師には低用量ピルの使用をすすめられました。

 

しかし、低用量ピルは避妊薬というイメージがあり、また薬を飲むという行為にも抵抗があって、そのときの私はしばらく放置してしまったのです。 でも、体調はひどくなるばかり……。次第に、生理中は立っているのがやっとの状態になってしまいました。頭痛どころか吐き気まで催すようになり、20代半ばになって改めて病院を受診し、低用量ピルを処方してもらいました。

 

そして、低用量ピルを飲み始めて3カ月。これまでの体調不良がウソのようによくなりました。心なしか肌もきれいになったような気も……。ここまで体調不良が解消されるなら、もっと早く飲めばよかったと後悔するほどです。

 

 

今回のことで、自分の体や生理については、きちんと知っておくべきことだと感じました。そして、ひとりで抱え込まず、つらいことはつらいと言う、専門家に相談する、ひどいときは薬に頼る、ということをしていいのだとわかりました。

 

母と受診した高校時代は、制服姿で婦人科にいることがとても恥ずかしく、まわりの目も気になって落ち着かなかったことがとても印象に残っています。でも、受診することはとても大切なこと。今では、私と同じような症状に悩んでいる若い子の話をきくと、自分の経験を話し、病院へ行くことをすすめています。

 

 

監修/助産師REIKO

----------

文/津田ちこさん


この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。