マンガ 体験談 マンガ 山口がたこ

言葉の発達が遅い長女!「お話できない赤ちゃんとは遊べない」と言われ…

18

長女は言葉の発達がゆっくりで、3歳を迎えても2語が出ませんでした。とはいえ、人の話はしっかり聞く子で、コミュニケーションには問題はなく、生まれたばかりの妹や、おしゃべりがじょうずな同年代の友だちとも楽しそうに遊んでいました。しかし、ある日の公園でとても悲しい出来事が起こったのです。

 

言葉の発達1

 

言葉の発達2

 

続きを読む

「話せない=赤ちゃん」と言われ…

長女自身、女の子たちがあまり歓迎していないのはわかっていたのだと思います。本当は一緒に砂に盛り付けたりしたかったはずなのに、しばらくの間は材料集めに徹していました。


その後、きれいなたんぽぽを見つけた長女はついに我慢できなくなったのか、女の子たちが作っていた「お砂のケーキ」に手を伸ばしました。その途端、女の子の1人がきっと私を睨みつけて、こう言ったのです。「あのね、お話できない赤ちゃんは一緒に遊べないの! あっちに行って!」。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。