マンガ 体験談 マンガ 山口がたこ

寝かしつけがラクに! 元保育士ママが実践した、眠るまでの習慣改善

45
元保育士のママ。4カ月の娘さんの寝かしつけをする際「もっと良い方法はないか」と考え、保育士の経験をもとに寝かしつけの見直しをすることに。眠る前のルーティンをつくったことで、子どもに自然と寝る習慣が身についたそうです。

育児のなかで、寝かしつけに苦労しているお母さんの悩みをよく聞きます。私も娘の寝かしつけにはとても苦労しましたが、保育士をしていたときの経験を思い出し実践すると、うまくいったのです。その寝かしつけの方法をご紹介します。

 

寝かしつけルーティン

 

寝かしつけルーティン

 

続きを読む

寝かしつけに苦戦

初めての育児で寝かしつけの方法も手探りのなか、ネットで調べたさまざまな方法を試しました。しかし、娘は睡眠の間隔も短くまとまって寝られずに、30分おきに起きるのを繰り返していました。

 

娘はミルク育児だったので3時間以上は授乳間隔を空けなくてはいけないため、ぐずり始めたら抱っこか、あやすことしかできず……。

 

保育士のときの寝かしつけを思い出して

娘が生後4カ月になるころ、もっと良い寝かしつけの方法はないかと調べていたとき、ふと保育士のときはどうしていたんだろう?と思いました。保育園では1歳半の子どもたち10人前後を大人2人で寝かしつけていました。

 

保育園ではまずはじめに、子どもたちに「お昼寝は午後も元気に遊ぶために体を休める時間なんだよ」とお昼寝の意味を伝えます。そして、お昼ごはんのあとは食べこぼしで服を汚している子も多いため、持参してきた新しい服に全員着替えさせ、布団に連れていきます。保育士が手遊びをし、絵本を2冊ほど読み聞かせてから部屋を暗くして、子どもの体をトントンしたり、髪をなでたりしていると自然と寝てくれたことを思い出しました。

 

家ではお昼寝をしない子も、お母さんがいなくて眠れない子も入園から1カ月も経てば他の子と同じように寝ていたので、まねできることはまねしよう!と寝かしつけを見直すことに。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。