暮らし 体験談 結婚

「必要なのはハイスペックじゃない!」私が求める理想の男性を探したら…

4
10

「これが…運命ってやつ!?」結婚に興味なしの私が彼に感じた特別な…

 

20代のころは漠然と思い描いていた結婚生活。30代になって自分自身を振り返ったとき、理想の結婚、求めるパートナーが見えてきました。

 

続きを読む

30代での婚活。改めてパートナーについて考えてみた

20代の私が思い描いていた結婚相手は、「ハイスペで、私には『仕事を辞めてもいいし、続けてもいいよ〜』って言ってくれる人」という漠然としたものでした。そしてそんな思いを抱きつつも、独身のまま30代に突入。すると、仕事がめちゃくちゃ楽しくなってきて……。それでも結婚はしたかったので、婚活をしながらも、改めてパートナーについて考えてみました。

 

「ハイスペックな人と結婚できたとして、子どもを産んでも旦那さんはハードワーク。ってことは、私は仕事をしながらのワンオペ育児? 夜遅く帰ってくる旦那さんのためにご飯を作って待ってなきゃいけないの?」「仮に専業主婦でいいよって言われても、仕事をせずに家のことだけをするなんて、私に耐えられる? 自分からコミュニティに飛び込んでいけるタイプでもないのに……」。

 

こうしていろいろと考えた結果、私には「結婚しても“こうありたい”」という気持ちが明確で、強いことに気づいたのです。

 

自分のなかで相手に譲れないポイントが明確化!

そこで、私がパートナーに求めたのは3つです。

 

1.結婚しても仕事はバリバリ続けさせてくれること

2.家事は嫌いだから「できるだけやりたくない」を認めてくれること

3.子どもを産んだらすぐに仕事復帰してフルタイムで働くことを応援してくれること

 

つまり、結婚も仕事も子どもも、私は、女性として手にできる幸せはすべて手に入れたい!と考えたのです。

 

とてもワガママな要求かもしれません。でも、自分のなかではどうしても譲れないポイントでした。でも、この「パートナーに求めること」を明確にして婚活を始めたとたん、私は理想の男性に出会うことができたのです!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 『自分にとって有用なモノを手に入れる』
    まあどっちにしろ皆んな理想の男は、イケメン高学歴高収入は基本ですよね。
  • 男性視点ですが、どんな形であってもお互いが納得できているかが全てですよね。面接みたいなのはちょっとと思うところもありますが、、逆にしっかりそのへんを確認し合うのもおろそかになりがちな気もするので、まぁ… もっと見る
    男性視点ですが、どんな形であってもお互いが納得できているかが全てですよね。面接みたいなのはちょっとと思うところもありますが、、逆にしっかりそのへんを確認し合うのもおろそかになりがちな気もするので、まぁいいんじゃないですかね
    +11 -0
  • こんな面接みたいな交際絶対やだ!
    +10 -11

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。