「内診で思わぬ病が判明…」いよいよ妊活と思ったら医師の説明にショック

ゴママタ日記-にんぷのきろく-第6話。現在第1子妊娠中のゴマフぱんださんが、生理不順、多嚢胞性卵巣症候群などを乗り越えて、妊娠するまでの様子をマンガでご紹介します。

現在、第1子を妊娠中のゴマフぱんださん。でも、ここに至るまでには、いろいろなことがあったそう。学生時代からの生理不順、多嚢胞性卵巣症候群の判明……。それらを乗り越えて、妊娠するまでの様子をマンガで公開されています。

 

今回は第6話「#夫婦の時間」をお届け。

風疹の予防接種からしばらくはのんびりして、いよいよ妊活スタート!

でも、その内診で、医師にある事実を告げられたのです。

 

※実際にはマスクをしている場面も、イラストでは省略しています。

「内診でわかったことが…」いよいよ妊活!でも医師の説明にショック…

 

「内診でわかったことが…」いよいよ妊活!でも医師の説明にショック…

 

「内診でわかったことが…」いよいよ妊活!でも医師の説明にショック…

 

「内診でわかったことが…」いよいよ妊活!でも医師の説明にショック…

 

「内診でわかったことが…」いよいよ妊活!でも医師の説明にショック…

 

「内診でわかったことが…」いよいよ妊活!でも医師の説明にショック…

 

「内診でわかったことが…」いよいよ妊活!でも医師の説明にショック…

 

「内診でわかったことが…」いよいよ妊活!でも医師の説明にショック…

 

風疹の抗体ができるまでの期間は、とにかく夫婦だけの時間を楽しみました。

 

そして予防接種から2カ月後、いざ妊活をスタートしようと、婦人科を受診しました。すると、そのときに受けた内診で、私の体の問題が判明したのです。

 

次回に続きます。

 

監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターゴマフぱんだ

    大学で出会った夫と4年付き合ったのち、結婚し、現在結婚3年目。学生時代から生理不順で、その後多嚢胞性卵巣症候群が判明。治療しながら妊活をおこない、2021年6月に第1子出産予定のプレママです!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    「内診で思わぬ病が判明…」いよいよ妊活と思ったら医師の説明にショックの関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶