ママネタ 育児 育児の悩み 体験談 育児あるある ママ友 保育園・幼稚園 ほめ方・しかり方 お友だち

娘よ、ごめん!偏った考えになっていたママ。園長先生の言葉に目が覚めて

1
6

ママと娘

 

私たち夫婦はなかなか子どもができず、体外受精を受けてやっと娘を授かりました。待ち望んでいたわが子はとてもかわいく、どこに行っても「うちの娘が1番かわいい」と本気で言ってしまうほど、夫婦揃って親バカに。娘だけに使える時間をたっぷり取りたいと考えた私たち夫婦は、しばらくは第2子は望まず、娘をひとりっ子として育てることにしました。しかし、このことで、まさか娘の良いところが見えなくなるとは思ってもいませんでした。

 

続きを読む

うちの娘は天才!? 親バカ炸裂!

私は娘の成長記録を毎日育児アプリで夫や遠方に住む両家のじいじ、ばあばに共有していました。日々感じる娘の成長に私たち夫婦だけでなく、じいじとばあばも大喜び! 娘のできることが増えるたび「すごい! 天才だね!」と育児アプリ上でコメントしあう毎日を送っていました。

 

特に絵本やお絵かきが好きな娘は、3歳になるころには平仮名を読むことができ、鉛筆も正しい持ち方ができるようになっており、そんな娘を私たち夫婦は誇らしく思っていました。

 

幼稚園で知ったきょうだいがいる家庭の様子

娘は幼稚園の満3歳クラスに入園しました。入園してすぐに仲良くなった女の子は4歳上にお兄ちゃんがいる子で、私もその女の子のママとよく話すように。 ある日、その女の子のママと普段の生活リズムの話になり、娘が20時には寝ていることを話すと、女の子のママは「ひとりっ子だもんね。うちはお兄ちゃんもいるから寝る時間が遅くなっちゃって」と話していました。

 

子どもが複数人いる家庭の生活をまったくイメージできていなかった自分にびっくりし、きょうだいがいる家庭では喧嘩などが日常的にあるだろうし、子どもの人数だけ手間もかかって、寝る時間も遅くなるだろうなぁと思いました。

 

「ひとりっ子はできて当たり前」と思ってしまうように

今思えば、かなり偏った考え方だったと思うのですが、この女の子のママと話したことをきっかけに、私は「うちはひとりっ子なんだからできて当たり前」という認識になってしまっていました。そのため、規則正しい生活は当たり前。好き嫌いなく食べることは当たり前。トイトレが進んでいて当たり前。タオルくらい畳めて当たり前。

 

だって、教えてあげる時間があるんだから。そんな風に思いこむようになっていたのです。また、幼稚園のお友だちと遊ぶと、きょうだいがいる子のほうが複数人で遊ぶことに慣れているように感じ、お友だちといてもひとりで集中して遊び始めてしまう娘のことをほかのママに相談することもありました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 毎日子育てと向き合っているからこその悩みってありますよね。
    どのお母さんも子どものためって思っていることには変わりないので、いろんな方の言葉を聞いていきたいなと思えました。

 
 

ママネタの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。