医療 助産師REIKO 妊娠 破水

これって尿漏れ?破水?「破水の特徴や対処法」を助産師が解説します!

55
この記事では、おしるしや陣痛に比べて判断しにくいということもある「破水」について助産師のREIKOさんが解説しています。

出産間近の妊婦さんのイメージ

 

こんにちは! 助産師のREIKOです。低気圧や台風が近付いていると「今日は天気が悪いから破水の方、くるかなぁ」なんて、働いていたときに同僚とよく話していました。これはまったくの経験上の話で、科学的根拠はないんですけどね。

 

入院のタイミングのひとつとして挙げられる「破水したとき」ですが、実際に体験した方でないとイメージしにくいですよね。また、おしるしや陣痛に比べて、判断しにくいということもあると思います。今回は、そんな「破水」についてお話ししたいと思います。

 

続きを読む

破水にもいろいろある?

破水がどの時期に起こるかで、破水は分類されています。子宮口が全開大するころに破水したものを「適時破水」、陣痛が始まる前に破水したものを「前期破水」、陣痛が始まって子宮口が全開大する前に破水したものを「早期破水」といいます。

 

子宮口が全開大してからもなかなか破水しないケースもあります。そのときはお産の介助をしている助産師が赤ちゃんを包んでいる膜を破って、人工的に破水させます。

 

破水のメカニズムってなに?

どうして破水するのか、適時破水の場合についてお話しします。お産が始まると、子宮口が広がって子宮の壁から赤ちゃんを包んでいる膜が少しずつはがれてきます。そこに羊水が入ってきて水風船のようになります。

 

お産が進むにつれて赤ちゃんの頭が下がり、陣痛の力も加わってくると、その圧力に水風船が耐え切れず、割れる……。これが「破水」です。

 

破水したらどうする?

破水の仕方や感じ方は人それぞれで、お湯が流れた感じがしたという方もいれば、尿漏れかと思う方もいらっしゃいます。

 

正常な羊水の色は、透明~少し白濁した色なのでわかりにくいかもしれません。尿とはにおいが違うのですが、それも判断しにくいかもしれませんね。破水かなと思ったら、その時間を確認しておきましょう。そして、きれいなナプキンをつけて、産院に連絡して指示を仰いでください。

 

破水したあとは、外の世界と赤ちゃんが直接通じている状態なので、感染しやすくなっています。雑菌が入る恐れもあるので、入浴・シャワー、ウォシュレットの使用はダメですよ!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

医療の人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。