食・レシピ 作り方 料理 おすすめ グルメ 業務スーパー

【業務スーパー】いいモノ発見!コスパも使い勝手も良すぎの新入り!

3

業務スーパー さばフレーク

 

業務スーパーのなかでも人気の「鶏そぼろ」と「鮭フレーク」に並び、「さばフレーク」が登場! お値段178円(税抜き)。不足しがちな青魚も簡単にとることができて良いですよね!

 

続きを読む

これはうれしい! 国産さば使用&国内製造

業務スーパー さばフレーク

 

「さばフレーク」の製造を手がけるのは業務スーパーでよく見かける「宮城製粉」。「鶏そぼろ」や「ぷち大福」「チューロス」「やわらか煮豚」「おとなの大盛りカレー」など業務スーパーの人気商品を手がけるメーカーです。


原材料は蒸しさば(さばは国産)、大豆たん白、植物油脂、醤油、食塩、トレハロースなど。しかも先も書きましたが、お値段178円(税込み)。こうしたフレーク類って作るのに手間がかかるため、スーパーでも大抵200円越えしますが、100円台で買えるのがうれしいですよね。
 

業務スーパーさばフレーク

 

フタを開けるとさばの香りはしますが、「くさい!」ということは一切なく、しっかりと抑えられています。だからさばが苦手!という人や子どもも大丈夫だと思います。


そしてこの商品の一番の魅力は、青魚ならではの“うまみ”とコク! 鮭フレークや鶏そぼろは万人ウケする味なので食べやすいですが、青魚のような強いクセはないので、意外と汎用性は高くないんです。でも、この「さばフレーク」はクセがあるのでふりかけとして使えるだけじゃなく、さまざまな調味料としても使えるんです。

 

もはや秒でできる(笑)! ピ-マンとの合わせワザ

業務スーパー さばフレーク

 

うまみとコク満載の「さばフレーク」にごま油を合わせることで文句なしのおいしさに! 余計な調味料は一切使いません。しかも作り方も簡単! 大げさですが、感覚的には“秒”で作れます(笑)。箸休めにもなるし、お父さんの晩酌のお供やお弁当のおかずにもなります。

 

<ピーマンとさばフレークの炒め物の作り方>
① ピーマンはヘタと種を取り除き、食べやすい大きさに手でちぎる。
② フライパンにごま油を熱し、①のピーマンを強火で炒める。
③ ②に「さばフレーク」を全体にからめる。

 

やばウマ! "大人のおにぎり“

業務スーパー さばフレーク

 

そして鉄板テクですが、おにぎりにも「さばフレーク」合わせてみました! でも、ここでちょっと小技を効かせて“大人味”に!


ご飯に「さばフレーク」、業務スーパーの「ザクザク食べる生七味」(なければ普通の七味でOK)、刻みねぎ、ごま油を混ぜ合わせ、握ります。


子どもがいるといつもご飯も“子ども基準”でなかなか大人味が食べられないだけに、たまに“大人味”を欲したときこういうメニューを作って気を紛らわせています(笑)。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

食・レシピの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。