児相に電話して良かった。「孤独」じゃないと気づけたから #私が児相に電話したワケ 4

「私が児相に電話したワケ」第4話。息子の対応を児童相談所に相談したことで、窮屈になっていたママの心がフッと軽くなりました。「子を守る親」を守ってもらえる場所もちゃんとある――。そう気づけた出来事でした。Instagramにて育児マンガを投稿されているツマ子さんの心の叫びを描いた体験談、最終話です。

続きを読む

4話 胸のつかえがとれたママは……

息子の対応について相談員と電話したことで、

叱るときの区切りが明確になり、少し気持ちがラクになったママ。

 

朝、普段とは様子が違った息子も、幼稚園から帰ってくるときには普段通りに。

そんな息子の姿にも、ママは救われたのでした。

 

私が児相に電話したワケ4

 

私が児相に電話したワケ4

 

私が児相に電話したワケ4

 

私が児相に電話したワケ4

 

私が児相に電話したワケ4

 

私が児相に電話したワケ4

 

私が児相に電話したワケ4

 

答えのない育児。だからこそ、不安に思ったり、孤独と感じたり、悩んだりと、たくさんの壁にぶつかることがあると思います。

ツマ子さんもそうでした。今回の一件で、息子さんの対応に悩み児童相談所へ電話したことで「ひとりではない」「頼れる場所がある」と気づくことができました。

 

自身の経験から、ツマ子さんは悩みを抱えるママたちに「いい母親ってなんだろう?理想の母親と全然違う!と悩んでいるママさんたち。大丈夫です。みんな一緒です」とも伝えています。

 

ツマ子さんの体験談をご紹介したことで、ママたちの不安の種を少しでも取り除けるきっかけになったらうれしく思います。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターツマ子

    長男と双子女子の母。5人家族。育児漫画、ホラーエッセイ漫画を書いています。

    同じ著者の連載

    • 通報
      子供相手って言葉が通じてるのかどうかいまいちはっきりしないからどこまでやれば伝わるか加減が難しいですよね。 言葉の通じる中学生でも反抗期は難しいし、歳を重ねた頑固なお年寄りも難しい。 人と人との付き合… もっと見る
      子供相手って言葉が通じてるのかどうかいまいちはっきりしないからどこまでやれば伝わるか加減が難しいですよね。
      言葉の通じる中学生でも反抗期は難しいし、歳を重ねた頑固なお年寄りも難しい。
      人と人との付き合いはきっと一生難しい。
      +98 -2

  • あわせて読みたい記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP