暮らし 体験談 生理

「イヤらしい」祖母のひと言がトラウマに。生理について何も聞けなくて…

3

「イヤらしい」祖母のひと言がトラウマに。生理について何も聞けなくて…

 

母の代わりに祖母と暮らしていた私。あるとき漏らした祖母の言葉をきっかけに、性について、生理について祖母に聞くことがタブーになりました。生理の知識を何も得ないまま成長したことで、中学生のとき大恥をかいてしまったのです。

 

続きを読む

性教育がタブー視されていたわが家

幼いころから母親がいない環境のなかで育ってきた私。そのため、母親に代わってずっと私の世話をしてくれたのが、一緒に暮らしていた祖母でした。


そんな祖母との生活で困ったことがあります。小学3年生のとき、体の変化について気になった私は、図書館で関連書籍を借りて持ち帰ったことがありました。その本を見た祖母は、私に向かってはっきり、こう言ったのです。


「そんなイヤらしい本を読んで」。
 

生理について大人に聞けないまま成長

祖母がどんな意図をもって言ったのかはわかりません。でも、この言葉を聞いた私は、「家で性に関する話題を出すことはタブーなんだ……」と感じてしまい、このとき以降、性について聞くことができなくなりました。


そのころ、家にナプキンやおりものシートなどなく、トイレのゴミ箱なんて存在していませんでした。本当は生理について聞きたい思いはあったのですが、そのきっかけがつかめないまま成長。だから、おりものの存在も知らず、当然、ナプキンとおりものシートの違いも知らずに大きくなりました。


中学生になると、ますます困ったことになりました。生理がきて体に変化があらわれた友だちが増え、会話の内容も性にまつわることが多くなったのです。まだ体の変化がなかった私は、生理の話題にまったくついていけません。誰かに聞くこともできず、みんなの話に合わせて相づちを打つのみです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。