「構ってほしいだけだろ?」生理に理解のない彼。苦しむ私にひどい言葉を…

生理のつらさは人それぞれ。生理痛のない女性や、生理のない男性には理解しがたいところもあるかと思いますが……。この生理症状が重い女性は、彼にまったくつらさを理解してもらえず、ひどい言葉をかけられていたそうです。

「構ってほしいだけだろ?」生理に理解のない彼。苦しむ私にひどい言葉…

 

私の初めての彼氏は生理に理解がなく、「病気じゃないんだから大丈夫」と言うタイプの人でした。また、彼が私の前に付き合っていた彼女は生理が軽かったようで「生理はただ経血が出るだけで痛みなどの症状がない」という間違った知識も持っていたのです。

 

私は生理が重く腹痛や腰痛、眠気、倦怠感があり、飲み物や食べ物によっては生理痛が悪化することもありますが、彼に何度痛みを訴えても聞き入れてくれることはありませんでした。

 

続きを読む

生理で苦しむ私に彼が放った言葉は…

私が大学生のころの話です。私の初めての彼氏は生理に理解がありませんでした。彼にとって私は2人目の彼女。どうやら、1人目の彼女は生理が軽く、生理痛や体のだるさ、眠気などの症状が一切あらわれなかったようです。

 

ある日、ショッピングデート中に生理が。生理に気付いたあと、しばらくはいつも通りに振る舞っていた私でしたが、次第に腹痛や腰痛で体がだるくなってきいました。しかし、彼に訴えても聞き入れてくれなかったのです。彼は生理を「数日ただ血が出ているだけ」と認識しているようでした。

 

彼に痛みでつらいことを伝えても、「前の彼女はそんなこと言わなかった」「構ってほしいからそう言ってるだけなんだろ」「生理は病気じゃないんだから我慢しろ」と言い、まったく聞き入れてくれません。

 

私は痛みが強いと歩けなくなるほど生理痛があるため、この日もモール内にあるベンチでこまめに休憩していると、彼は「休憩ばっかで楽しくない」と言い、私を置いて帰ってしまったのです。

 

彼の友人が生理のつらさを教えてくれた

後日、彼と共通の男友だちのAさんから連絡がきました。どうやら先日のデートのことを彼がAさんに話したそうです。

 

私は「Aさんにも、生理は病気じゃないとか言われるのかな……」と思っていると、Aさんは予想外のことを言いました。なんとAさんは彼に、生理の症状は人ぞれぞれ違うこと、そのときによっても違うことを伝えてくれていたというのです。

 

Aさんは私に「ごめん。余計なことだったかも。でも、生理を甘く見てるあいつが許せなかった」と言ってくれました。余計なことなんかじゃありません。私の代わりに生理のつらさを伝えてくれたAさんの対応に、私はとてもうれしくなり、感謝を伝えました。

 

納得していない様子の彼

Aさんとの一件があり、「これで彼も少しは生理について理解してくれたかな」と思ったのですが、次の生理でも、彼の態度は変わらないまま……。それどころか、生理痛で寝込んでいてLINEの返信ができなかった私に、彼は「生理か何か知らないけど、返信くらいしろよ」とブチ切れ。

 

結局、私は彼の態度に嫌気が差し、別れを告げました。「このまま付き合っていると生理のたびに罵倒される」と思ったのです。彼も別れをすんなり受け入れてくれ、スムーズに別れることができました。

 

 

Aさんには姉と妹がいたため、生理に対して理解があったのかなとも思いますが、生理にまったく理解がないどころか、罵倒してくる元カレとは別れてよかったと心から思いました。現在の彼は、私が初めての彼女ですが、生理に理解があり、ナプキンや薬を買ってきてくれたり、いつ生理がきてもいいように使い捨てカイロを常備してくれていたりします。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO

著者/佐藤里桜

イラスト/ののぱ

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターののぱ

    2014年8月生まれの息子は発達凸凹さん。(自閉症スペクトラム及びADHD) 大変なことも沢山あるけれど、ピースフルでとびきりキュートな息子にいつも笑顔をもらっているシングルマザーです!南九州に生息しています。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP