「パパじゃない!」わが子のことより携帯に夢中な夫。娘の発言にショックを受けて…

2歳1カ月と生後7カ月の年子姉妹を育てています。まだまだ目を離せない時期の子どもたち。私は、子どもたちばかりに気を取られているわけにはいかず、家事や仕事もしていかなくてはいけない日々のなかで、夫にも育児に参加してほしいのですが……。

続きを読む
「パパじゃない!」わが子のことより携帯に夢中な夫。娘の発言にショックを受けて…

「パパじゃない!」わが子のことより携帯に夢中な夫。娘の発言にショックを受けて…

 

休みの日、昼近くまで寝ている夫

子どもたちにとっては、夫が休みの日もそうではない日も関係ありません。朝起きた瞬間から全力で遊びたい!と元気いっぱいです。平日は子どもたちが寝たあとに夫は帰宅するので、休みの日ぐらい子どもたちと遊んでほしいのが正直なところです。

 

ですが朝なかなか起きてこないのです。お昼近くになってようやく起きてきた夫。起きてきたと思えば、ソファーに横になり携帯ゲームをし始めたのです。「ゲームしていないで、子どもと遊んで」と声をかけると、夫は「仕事しているんだけど」と不機嫌そうになるのでした。

 

娘のごはんのときでさえ、携帯をいじる夫

お昼になり、私はお昼ごはんを作り始めました。まずは2歳の娘のごはんを作り終わり、先にごはんを食べさせます。大人用のごはんも私が作らなくてはいけないので、夫に娘のごはんを見ているようにお願いしました。2歳と言えどイヤイヤ期でもあり、じっと椅子に座って最後まで食べられなかったり、スプーンを床に落としたりと見ていないとやりたい放題。

 

おしゃべりも達者になってきたので、ごはん中もよくしゃべる娘。普段私は娘とおしゃべりを楽しみながら、食事のサポートをしていくのですが、夫はというと携帯をいじり、娘が話しかけても気づいていないのか反応も薄いのです。ついには娘がお茶をこぼしてしまいました。

 

むかついた夫、寝室に引きこもる

娘がお茶をこぼした瞬間「あ~もう、何してるんだよ」としつけとして叱るのではなく、ただむかついた様子で怒り始めた夫。その瞬間、私のイライラもピークに達したのでした。「何その怒り方。娘は悪くないでしょ。あなたが携帯見ずにちゃんと娘の食事を見てあげていればよかった話でしょ」。

 

私の言い方にさらにむかついた様子の夫はそのまま「知らん! もうやらない!」と言い、寝室に戻ってしまったのでした。子どもたちがいる手前それ以上後追いせず、とりあえず子どもたちの食事を終わらせたのでした。

 

少し冷静になった夫と私

翌日、お互いがリラックスし冷静な状態のときに私の要望を夫に言いました。私は、子どもといるときぐらい携帯はいじらないでほしい、ちゃんと子どもが話しかけてきたら答えてあげてほしいということを伝えました。そのときは生返事だった夫。

 

しかし、2歳の娘はちゃんとそういう夫の言動を見ており、基本何をするにも「ママがいい。パパじゃない」と言うようになりました。その娘の言動に焦ったのか、今では夫の携帯を見る頻度は減ったように思えます。

 

 

携帯を見ている時間が長いか、子どもを見ている時間が長いかは、子どもの態度で明らか。今後もちゃんと夫が子どもと向き合えているか様子見をしていきたいです。

 

 

監修/助産師REIKO

作画/キヨ


著者:渡邉香澄

0歳・2歳の年子姉妹のママ。ベビーマッサージセラピスト・幼児食インストラクター・上級幼児食インストラクターの資格を取得。ベビーマッサージ教室を運営中。ベビーマッサージセラピストをしつつライター業も兼業。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      育児をしない男を父とは呼ばない
      だっけ?
      昔そんなのがあったよね
    • 通報
      私の父親は、昭和の父親だけど生まれた時からずっと亡くなるその日まで凄く可愛がって貰いましたよ? 子供の世話をしない=昭和の父親だからではないかと思います。 子供を可愛がる可愛がらないは、その人次第です… もっと見る
      私の父親は、昭和の父親だけど生まれた時からずっと亡くなるその日まで凄く可愛がって貰いましたよ?
      子供の世話をしない=昭和の父親だからではないかと思います。
      子供を可愛がる可愛がらないは、その人次第です。
      なので、父は大好きでしたが、母は、嫌いでした。
      そんな母も今は他界しましたが…子供がお母さんを好きなのは優しさを感じられる育てられ方をしているかしていないかの差かと思います。
      母は、今で言えば虐待するような母でしたから。
      私は子供の頃体中痣だらけでした。
      殴られて、蹴られて、ベルトで殴られて…と言う思い出しか母との思い出はありません。
      父がいない時に殴られたりするので父は知りませんが…
      父には言いつけたことはありません。
      母に殴られるのが怖いからです。

      昭和育ちの父も優しくて大切にしてくれますよ!
      +186 -21
    • 通報
      昭和の父親は子どもなんて育つまで放置してたな。子ども作ったらあとは関心ないのが男だと思ってたけど、子どもに嫌われるとショックなんだ…。子どもはきちんと自分に関心持ってくれる大人が一番好き。だから必ずし… もっと見る
      昭和の父親は子どもなんて育つまで放置してたな。子ども作ったらあとは関心ないのが男だと思ってたけど、子どもに嫌われるとショックなんだ…。子どもはきちんと自分に関心持ってくれる大人が一番好き。だから必ずしも母親が好きとは限らない。
      +226 -50

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP