暮らし 体験談 結婚

「えぇい、作戦決行だ!」結婚する気ナシの彼。焦った私の最終手段は…

0
社会人サークルで出会った同い年の彼。途中、私の気持ちが低調になった時期もありましたが、「彼といるのは居心地がいい」と気づいてからは、プロポーズを待ちわびるように。ところが、4年付き合っても、プロポーズの気配はいっさいなし。そんな彼に焦りを感じた私は、ある作戦を決行することにしたのです!

「えぇい、作戦決行だ!」結婚する気ナシの彼。焦った私の最終手段は…

 

 

続きを読む

社会人サークルで夫と出会う

26歳のとき、ようやく仕事にも余裕ができた私は「趣味を持ちたいな」と思いたち、ある社会人サークルに参加することにしました。そこで出会ったのが今の夫です。


私は恋愛が長続きしないタイプで、彼ともほどなくお付き合いを始めたのですが、1年ほどで飽きてしまい、デートの回数も減少ぎみに。彼に連絡はしてもデートの誘いは断ってばかりで、会うのは週1回のサークルくらいになってしまいました……。


そんなことを繰り返しているうち、あっという間に私は28歳に。これまでにも、私からの連絡が減ったことでお付き合いしていた人に浮気をされたり、「ほかに好きな人ができた」と言われたりして、振られることがほとんどだった私。だからこのときも、「また振られるんだろうな……」と思っていました。

 

彼のそばが居心地がいいと気づく

しかし、彼は私を振るどころか、ずっと私を待っていてくれたのです!


デートはせず、顔を合わせていたサークルでも2人っきりになるどころか、メンバーとごはんに行くような状況。それでも、彼はとくに不満を言うわけでもなく、ときおり彼からある連絡は、私の体調を気づかうものや、「仕事、頑張ってね」と励ます内容ばかりでした。


そして、たとえ私からの連絡が減っても、メールの催促や強引にデートの誘いをしない彼の人柄よさに、ようやく私は気づいたのです。そして、彼との久しぶりのデートで思ったのです。「この人といても疲れない。この人のそばは居心地がいい!」と。


そう自覚したら、「彼は、つくろった私じゃなくても、そのままの私を受け入れてくれる。彼となら一緒に暮らしていけるかも」と考えが変化! このとき私のなかで、彼への思いが恋から愛に変わったように感じました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。