記事サムネイル画像

見せるだけで効果てきめん!?子どものイヤイヤ期はスマホに助けられて…

わが家の次女は2歳くらいからイヤイヤ期に突入しました。自分でやりたいこと、やってほしいことの自己主張が強く、なかなか言うことを聞いてくれない次女。気に入らないと大きな声で泣かれ、私も疲れてしまっていました。どう対応したらいいのか悩んでいたところ、スマホに助けられた体験談をお話しします。

鬼さんからの電話はやっぱり怖い?わが家のイヤイヤ対策

 

次女がイヤイヤ期突入

わが家には4人の子どもたちがいますが、それぞれにイヤイヤ期があります。長男は現在16歳、長女は14歳の思春期の反抗期真っ只中。大きくなってからは話せばなんとかわかってもらえますが、上の子2人が小さいときはワンオペで、イヤイヤ期は怒ってばかりいました。

 

そして、長女と8歳差で生まれた次女がイヤイヤ期突入。上の子たちの手伝いのおかげもあり、少しは落ち着いて子育てできるものの、やっぱりイヤイヤ期には悩ませられます。

 

スマホに鬼さんから電話が…!

そんなとき、スマホでイヤイヤ期に何が効果的かを検索していると「鬼から電話」を見つけました。アプリの中で鬼が「おうちの人の言うことを聞かない子は誰だ~? 」と代わりに叱ってくれます。

 

本当に効果があるかわかりませんでしたが、まずはやってみることに。なかなか言うことを聞いてくれないときに「わがまま言ってると、鬼さんから電話かかってくるよ~」と次女にスマホを見せると効果抜群。

 

泣きながら、「鬼さんイヤ~」と言うこと聞いてくれるようになりました。アプリでも代わりに叱ってくれる人がいると、私にも心の余裕ができ、ちゃんとできた子どもをほめることができるようになりました。それからは、脅かすのはよくないという声もありますが、怒ってしまうよりいいかなと思い、子どものイヤイヤにイライラしてしまって限界を感じたときなど、本当につらいときのみ頼るようにしました。

 

効き目抜群!

わが家のイヤイヤ期には効き目抜群の「鬼さん」ですが、次女も少し大きくなり、スマホが理解できるようになると効果がなくなりました。今は2歳の次男にまだまだ効果絶大の「鬼さんからの電話」。6歳になった次女は、次男が「こわ~い」と言って泣いているのを抱っこしてなだめてあげています。

 

それをほほえましく見ている私ですが、上の子たちのときに使っていればあんなに怒らなくてよかったのにと今になって思っています。長男のときは、初めての子育てに一生懸命で、イヤイヤ期の対応なんで検索もしたことがありませんでしたが、今は少し心の余裕を持って対応できるようになりました。

 

 

イヤイヤ期は子どもが成長する過程で必要なものだとわかっていても、やっぱりイライラしてしまいます。次女には2歳からのイヤイヤ期でしか使えませんでしたが、効果があるものが見つけられてよかったです。思春期の上の子たちにも毎日イライラしがちですが、自分の気持ちを一旦落ち着かせて、子どもたちの成長を楽しんでいます。

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!

 

監修/助産師REIKO


著者:松田みさと

長男と次男が15歳差の2男2女の母。仕事をしながら子育てに奮闘中。現在はライターとして、自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆している。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      叱り方にもよるけど、虐待とかじゃ無い程度なら、鬼で脅すよりずっと叱る方が良いと思う。 鬼が実在しない架空なものと大人は知ってるけど、子供は恐怖でしかないよ。しかも電話なんてリアル過ぎる。恐怖で支配して… もっと見る
      叱り方にもよるけど、虐待とかじゃ無い程度なら、鬼で脅すよりずっと叱る方が良いと思う。
      鬼が実在しない架空なものと大人は知ってるけど、子供は恐怖でしかないよ。しかも電話なんてリアル過ぎる。恐怖で支配してるだけ。

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →