マンガ 体験談 やましたともこ

「ぬ? 突然…!」これがウワサの四十肩!? #脱力系ゆる更年期日記9

3
イラストレーターのやましたともこさんによる連載マンガの第9話です。アラフィフならではの悩みについてや、日常の体験談などをご紹介!今回は四十肩について。ある日突然、いきなり肩が上がらなくなり……。

ウーマンカレンダーをご覧の皆さま、こんにちは。
更年期イラストレーターやましたともこでございます。

 

あるご機嫌な夜。
いつもどおりお風呂に入り、いつもどおり髪を洗っているとき、いきなり肩が上がらなくなりました。

 

脱力系1

 

突然のことに戸惑いつつも、とりあえず、残りのシャンプー&コンディショナーを終わらせて湯船に浸かりながら、その日の昼間に何か肩を痛めてしまう動きをしたかどうかを思い返してみました。

 

朝起きて、子どもたちを送り出したあと、ダラダラと朝ごはんを食べて、ダラダラと仕事をして、ネットフリックスを見ながらダラダラとランチを食べて、またダラダラと仕事をして、晩飯を作ってダラダラと食べて、いつもどおりお風呂に入ったという1日でした……。そうなんです。肩を酷使するようなダラダラではない動きは一切なかったんです。

 

忘れっぽい性質の48歳ということもあり、もしかしたら、昼間にすっごく肩を酷使したことをすっかり忘れてしまっている可能性もゼロではないのですが、思い当たる節がまったくありませんでした。

 

これがウワサの四十肩か……。いや、48歳だからどちらかと言えば五十肩か!?と超ショックを受けました。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

監修者

医師 駒形依子 先生

産婦人科 | こまがた医院院長


東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。


経歴

H13年 東京女子医科大学入学
H20年 米沢市立病院入職
H24年 東京女子医科大学病院産婦人科入局
H26年 東京女子医科大学東洋医学研究所入局
H28年~フリーランスで活動
H30年 こまがた医院開業


著者・イラスト制作者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。