生理の始まりに1、2滴の出血が続く…いつものことと放置したら…「えっ病気!?」

私は、生理が始まって1週間くらいはほとんど出血がなく、1、2滴の出血が1週間ほど続いたあとに一般的な経血量になります。ずっと私は「私の生理はそういうもの」と捉えて気にしていなかったのですが、不妊治療を始めようと婦人科をした際、ある病気が見つかったのです。

生理の始まりに1、2滴の出血が続く…いつものことと放置したら…「えっ病気!?」

 

続きを読む

生理の始まりに少量の出血が1週間続く

私は、生理が始まって1週間ほどは、出血していることに気づかないほどの経血量しかありません。ナプキンに経血が1滴、2滴つく程度で、ナプキンがまったく汚れてないときもあります。これが1週間ほど続いてから一般的な経血量の生理になるのです。だから生理中は2週間弱ナプキンを着用。これが本当に煩わしかったのですが、「私の生理は少し長いんだな」くらいにしか思わず、婦人科を受診することはありませんでした。

 

ところが、34歳のとき、不妊治療を始めるために婦人科を受診しました。血液、卵管と細かく検査していくなかで、エコー検査のときに子宮内膜ポリープが発見されたのです! そして毎回、生理の始まりから1週間くらい続く少量の出血は、経血ではなくポリープによる不正出血が原因だったことがわかったのです。


このとき、私は忘れていたことを2つ思い出しました。1つは、10年前にも子宮内膜ポリープが見つかって摘出手術をしていたこと。そのときも今回同様、少量の不正出血が続いていました。そしてもう1つは、1年前に「少量の出血が続くのであれば婦人科を受診したほうが良い」と言われていたことです。

 

医師から受けたアドバイスを放置

不妊治療で婦人科を受診する1年前のこと、私はたまたま受けた子宮頸がんの検診にひっかかって、がんセンターの婦人科で再検査したことがありました。幸い結果は、まだがんの発症には至らない前段階の状態。医師からは、発症前の段階なら妊娠に影響はなく、がんを発症しても初期段階であれば子宮を一部切除しても妊娠が可能なこと、3カ月に一度は定期検査を受けること、といった説明を受けました。

 

そのとき私は、「生理の始まりに1週間くらい少量の出血が続くんです……」と先生に相談していたのです。先生はがん専門の医療施設にいる専門医なので、がん以外の症状は診てもらえず、診察も検査も受けられませんでした。しかし、「子宮頸がんに関わることではないと思うけど、婦人科で診てもらったほうがいいね」と助言してくれていました。


ところが、このときの私はがんのことばかりに気をとられ、「子宮頸がんに関わることではない」の言葉だけに反応して安心してしまい、あとに続いた「婦人科で診てもらったほうがいい」と言われたことを放置してしまったのです! それだけでなく、不正出血だけでほかには特に異常がなかったことから「私は生理が長いんだ」と自分で勝手に納得していたのです。

 

妊活のためにポリープの摘出手術を即決

今回、子宮内膜ポリープが見つかったのは妊活を始めたおかげでした。本当は子宮頸がんの不安がなくなってから妊活に進むつもりでしたが、1年経っても症状に変化がなく、逆に悪化して子どもが産めなくなることのほうが怖かったので、がんの定期検診を続けつつ、不妊治療を始めることにしたのです。

 

子宮内膜ポリープが一度できた人は、何度もできやすいそうで、受精卵が着床しにくくなることもあるとのこと。その分、妊活に遅れをとります。摘出手術は1日で終わるとのことだったので、私はすぐに手術を予約。後日、無事に終了しました。

 

 

今回のことで、体は正直に不調を知らせてくれているのに、それを見過ごしていたら意味がないと思いました。不正出血に気づいてもっと早く婦人科を受診していれば……と後悔するばかりです。

 

また、ちゃんと専門医に診てもらうことも必要だと身をもって実感しました。子宮頸がんも、たまたま受けた検診で見つかった病気。特に痛みを感じることがないため、検診という機会がなければ発見が遅れていたかもしれません。

 

現在、妊娠5カ月。無事に子どもを授かれたのも検診を受けていたおかげだと思います。「定期的な検診を受ける・少しでもおかしいなと思ったら病院に行く・行くなら早めに」これが私の経験から得た教訓です。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO
文/伊藤彩さん

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP