マンガ 体験談 和田フミ江

新たな手芸ブームが到来♪おうちで楽しむクロスステッチ! #23

1
イラストレーターの和田フミ江さんによる連載マンガです。40代に突入した和田さんの日常エピソードをご紹介! 今回は、10年に1度和田さんがハマるという手芸のことについてお届けします!

BBA

 

手芸が得意なわけではないのに、なぜか10年に1度手芸にハマる私。

 

最初は10歳くらいのころ。小学校の手芸クラブに入り、フェルトでマスコット人形を作ったり、編み物をしたりしました。次が新社会人になった22〜23歳。ハワイアンキルトにハマって、会社でもお昼休みにチクチク縫うくらいでした。その次が妊娠中の30歳。赤ちゃんのための小物を作ろうと、スタイやガラガラなどを手作りしていました。

 

いずれもお見せできるようなシロモノではなく、縫い目も編み目もバラバラ、クマのぬいぐるみを作ればネコと言われるようなありさまで、一時期ガッとハマってはいつの間にかしなくなる……の繰り返しでした。

 

また時が流れて、40歳を過ぎ、新たな手芸ブームが来ました。今回ハマったのは「クロスステッチ」です!

BBA

 

不器用な私でも、生地のマス目に図案通りにバツ印を刺していけば完成してしまう簡単さ。大きめのマス目の生地、刺しゅう糸、クロスステッチ用刺しゅう針があれば、とりあえず始められる気軽さ。そして、絵を描き上げたときのような達成感!

 

図案になるものはネットにもいろいろあって、ドット絵やアイロンビーズ作品なども図案として流用できます。自分の大好きなキャラクターや商品化していないマニアックなものなどを刺繍すると、愛着もひとしおです!

 

BBA

 

刺しゅうは楽しいけれど、小物に仕立てるのが苦手……(汗)。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。